« 緊急事態宣言の発出 保育園はどうなるのか? | トップページ | 物流関係企業の状況を伺いました »

2020年4月 7日 (火)

緊急事態宣言発令に備えて急きょ県庁へ

こんばんは、小池正昭です。

Img_1249 Img_1248_20200408090701 今日は急きょ午後から県庁へ。
政府の「緊急事態宣言」の発令を控えて、県の対応について気にかかり同僚議員と共に執行部の情報を取りながら対応を協議しました。
夜には森田知事が記者会見に臨むとの事でしたので、県民への出来る限り詳しく解りやすい情報の提供を求めましたが、今日の所は施設の使用制限や具体的業種の営業自粛については未だ調整が不十分であるため触れないとの事でした。

また、医療提供体制がひっ迫してきている中で、県に求める対応についても協議。
私からは、週3回透析を行わなければならない患者とその医療施設、医療従事者への感染防止のための支援と、隔離して透析を行える施設整備を求めています。

そして午後7時、安倍総理の記者会見が始まり、その直後から森田知事が緊急事態宣言の対象地域である7都府県の内、先陣を切って記者会見を行いました。千葉テレビでの中継を見ていましたが、事前の情報通り外出自粛や”3つの密”を強く求めるほかには具体的に触れず、今後の感染の状況によって県民へ具体的なお願いをしていくとの内容にとどまっていたと思います。

その後、対象地域の各知事が記者会見を行いましたが、施設の使用制限などの具体的内容はどの知事も触れていませんでした。
東京都と隣接し住民の行き来が多い千葉県として、私は、小池都知事の独自先行の情報提供との差を心配していたところですが、その点について今日の所は安堵したところです。

ただ、今後各自治体ともに様々な具体的内容を公表する可能性もあるため、首都圏として東京、埼玉、神奈川との連携も必要であり、共通すべき内容と自治体独自に決定する内容も出てくるため、県民に求める対応について鋭意早急に取りまとめておく必要があります。

また広い千葉県は、地域差も大きいことから、県全体での対応と場合によって地域ごとに求める必要がある対応も検討しておくべきと考えています。

引き続き県民の皆様へ的確なお願いが出来るように執行部にその対応を求めると共に、医療供給体制の更なる充実を求めて参ります。

|

« 緊急事態宣言の発出 保育園はどうなるのか? | トップページ | 物流関係企業の状況を伺いました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緊急事態宣言の発出 保育園はどうなるのか? | トップページ | 物流関係企業の状況を伺いました »