« 一転 4月中の県立学校の休校措置 政府は緊急事態宣言に準備か | トップページ | 緊急事態宣言発令に備えて急きょ県庁へ »

2020年4月 6日 (月)

緊急事態宣言の発出 保育園はどうなるのか?

こんばんは、小池正昭です。

いよいよ緊急事態宣言が発出されることとなりました。
対象地域は、千葉、東京、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、福岡の7都府県。
これにより各知事が具体的な対応を示す事となり、県が需要な役割を担います。
既に千葉県でも検討が行われてきていますが、自粛要請の線引きが非常に難しく県民の混乱を招く可能性もあり、また様々なご批判もいただくこととなるかもしれません。

県民の皆様には、まず第一の目的が「感染拡大を止める」という事であることをご理解いただきますようお願い申し上げます。

そして小中学校の対応ですが、今日になって私の地元成田市も4月中の休校措置を発表しました。
県立学校の決定、そして緊急事態宣言の発出という事態には休校措置を取らざるを得ないとの決定です。

一方で「保育園はどうなのか?」との問い合わせも多くありました。
今のところ県においては、医療や警察、行政関係も含めて止めることのできない職種もあることから、保育園の休園措置を要請することはないようです。
ただし、通常の保育を行えば感染リスクも抱えることとなりますので、家庭での保育が可能である場合等は利用を控えてもらう要請を行う予定です。
尚、各保育園関係者、職員やその家族、園児やその家族で陽性者が出た場合には当然に休園措置がとられることとはなります。

緊急事態宣言によって私たちの生活がどう影響するのか未知の部分もあり、実際に宣言後において様々な不都合が発生したりもあるかと思いますので、県民の皆様の声に耳を傾け行政との橋渡しをしっかりと行えるように活動して参りたいと思います。

|

« 一転 4月中の県立学校の休校措置 政府は緊急事態宣言に準備か | トップページ | 緊急事態宣言発令に備えて急きょ県庁へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一転 4月中の県立学校の休校措置 政府は緊急事態宣言に準備か | トップページ | 緊急事態宣言発令に備えて急きょ県庁へ »