« 昨日は成田空港マルシェ、そして今日は「さくらの山」からのライブ配信 | トップページ | 学校現場の様々な対応に支援が必要 »

2020年6月 1日 (月)

再開された学校 夏の暑さへの対策を求めたい

こんばんは、小池正昭です。

今日からいよいよ6月。
千葉県内の今日の感染者数は3日ぶりに”ゼロ”。
ほとんどの商業施設でも営業が再開されていますが、東京都内や北九州市の状況を見ると、引き続き感染防止に努めていきながらの行動が求められています。

そして各学校も今日から再開されました。
9月入学の導入の機運もここに来て一気にしぼんでいますが、教育の現場での感染防止対策は手探りとなり、現場の教職員には苦労もあり、また様々な問題が出てくるものと思います。

特にこの数年で国を挙げて夏の猛暑に対してエアコンの導入を一気に進めてきたところですが、エアコンのシステムによっては空気が循環し感染リスクを否定できません。
「蜜」を避けるため風通しをよくするには窓を開け換気を心がけなければなりませんが、暑い中でのマスク着用は子供たちそして教員にも大きな負担となることと想像しています。

夏休みも短縮されることから、最も暑い夏の期間内に学校内で適切な学習環境を作らなければならず、行政としても指針を示すなど課題意識を持って対応する必要性を感じています。

換気やエアコンの適切な使用のみならず、これまでとは全く異なる環境や対応が求められる学校現場。
想定される課題を抽出し、事前の検討を行い必要な対策の実施を求めたいと思います。

|

« 昨日は成田空港マルシェ、そして今日は「さくらの山」からのライブ配信 | トップページ | 学校現場の様々な対応に支援が必要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日は成田空港マルシェ、そして今日は「さくらの山」からのライブ配信 | トップページ | 学校現場の様々な対応に支援が必要 »