« 毎年宗吾霊堂の節分で華を添えていただいている高田川部 勝武士幹士さんのご逝去に衝撃 | トップページ | 夏の甲子園までも中止の可能性という報道 »

2020年5月14日 (木)

家庭用オンライン学習の環境整備と、コロナ患者受け入れ病院へ協力金の支給を決定!

こんばんは、小池正昭です。

今日の千葉県内の新規感染者は”ゼロ”。
東京に隣接し、また成田空港や千葉港を有し、人とモノの行き来も多い千葉県がこの時期に感染者”ゼロ””を達成できたのも県民の皆様のご理解とご協力による結果です。

しかし、この状況を継続することが重要で警戒を緩めることはできません。
ウィルスと共存していかなければならない今の現状では、”ゼロ”を維持することの難しさを理解し、徐々に経済活動を再開させながらも引き続き県民の皆様の日常の行動に様々なご協力をお願いしなければなりません。
数字に一喜一憂することなく、引き続いてのご理解をお願い申し上げます。

さて、2件の報告があります。

一つ目は教育関係で、家庭でのオンライン学習環境整備です。

  • 全県立学校で民間学習支援ソフトを導入
    民間の学習支援ソフトを導入し、学校再開後も家庭においてスマートフォン、タブレット等を使用して、オンラインで学習動画の視聴やドリル学習、テスト等を行うことで、学力のさらなる定着を図る。 また、学習支援ソフトを通じて、児童生徒の理解度や進捗状況の確認を容易に行うことができる。
  • 市町村立の小中学校の学習支援ソフト導入に係る経費の助成
    民間の学習支援ソフトを導入できるよう経費の1/2を助成する(上限あり 。なお、すでに導入済みの市町村へは一定額補助をする。 

対象期間は、令和2年6月から令和3年3月までの予定です。

2つ目は、新型コロナ入院受入れ医療機関に対して協力金の支給決定です。
Img_1320 入院患者を受け入れていただいている医療機関に対して、1人当たり50万円の協力金を支給。
あわせて病床確保への支援も行うことを決定しました。
厳しい環境の中でウィルスと戦っていただいてる医療機関、そして従事していただいている医療関係者の方々に、心から敬意と感謝を申し上げます。

 

 

|

« 毎年宗吾霊堂の節分で華を添えていただいている高田川部 勝武士幹士さんのご逝去に衝撃 | トップページ | 夏の甲子園までも中止の可能性という報道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎年宗吾霊堂の節分で華を添えていただいている高田川部 勝武士幹士さんのご逝去に衝撃 | トップページ | 夏の甲子園までも中止の可能性という報道 »