« 湾岸地域の新たな道路計画が着実に動いています  | トップページ | 免許センターの運転免許関連業務 段階的に再開へ »

2020年5月27日 (水)

6月定例議会 コロナ対応などで補正予算181億円を編成 

Img_1358 こんばんは、小池正昭です。

今日は議会開会に向けて自民党会派の役員会、そして議員総会が開催されました。

6月定例議会では、新型コロナウィルス感染症対策が主で総額約181億円の補正予算、来年3月までの間の知事の給料を20%、副知事、常勤監査委員、特別秘書の給料を10%減額する議案などで計14件の議案が提案される予定です。

今回補正予算として返済される重点内容は以下の項目です。

  • 医療体制の整備
  • 学校、幼稚園、社会福祉施設等の感染防止
  • 学校再開後の教育環境整備
  • 商工業や農林水産業の再建支援

尚、必要に応じて更に補正予算の編成も検討されます。

そして、自民党としては、議員報酬について来年3月までの期間で10%削減を行うことが議員総会の場で了承されましたので、議案を提案する準備に取り掛かることとなります。

さて、千葉県内の新規感染者ですが、70代女性1名の方が確認されました。
それから、感染後陰性として確認されていた方が再度陽性となった事例の発表がありました。

このウィルスの怖さとしつこさは常々報道されていますが、県内の事例として改めて報告を受けるとそれを実感します。
緊急事態宣言後の対応が今しばらく重要となりますので、県民の皆様には引き続き感染防止に努める行動をしていただくようご理解とご協力をお願い致します。

 

|

« 湾岸地域の新たな道路計画が着実に動いています  | トップページ | 免許センターの運転免許関連業務 段階的に再開へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湾岸地域の新たな道路計画が着実に動いています  | トップページ | 免許センターの運転免許関連業務 段階的に再開へ »