« 森田知事 成田空港の水際対策強化などを厚労相に要望 | トップページ | 遅い対応に多くの不満が寄せられている中小企業再建支援金 改善を強く求めます »

2020年6月22日 (月)

昨年の台風・大雨で地域コミュニティー施設の被害 5億6,580万円

こんにちは、小池正昭です。

週明けの今日は一般質問に日程が続いています。
現在、早めに本会議が終わったため控室でこのブログを更新中です。

昼の休憩中には、副委員長を務める県土整備常任委員会の打ち合わせ。
今週26日(金)に開催されますが、付託される議案は特別問題はなく円滑に審査が進むものと思います。

Img_1431 Img_1433 そして本会議終了後は、自民党会派内に組織されている「地域コミュニティー制度創設プロジェクトチーム(PT)」の会議に出席。
この組織は、昨年の台風15号、19号及び10月25日の大雨により、県内各地域の自治会・町内会の集会施設や倉庫等の多くが被害を受けました。

これに対して自民党会派としては、県として地域の復旧復興を進めるためにもその復旧費用を支援すべきとして、PTを組織し県当局に強く要望し、結果として補助率1/3、建替500万円、修繕250万円を上限とした補助制度が実現しました。

この補助制度創設を受けて県当局が被害状況を調査しましたが、被害は現在までで、41市町村で662施設、被害総額が5億6,580万にも達することが明らかになりました。

未だに台風と大雨による被害からの復興途上にある千葉県。
新型コロナウィルス対策にも追われながらも、各地域の復興に引き続き尽力していかなければならないとの思いです。

 

|

« 森田知事 成田空港の水際対策強化などを厚労相に要望 | トップページ | 遅い対応に多くの不満が寄せられている中小企業再建支援金 改善を強く求めます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森田知事 成田空港の水際対策強化などを厚労相に要望 | トップページ | 遅い対応に多くの不満が寄せられている中小企業再建支援金 改善を強く求めます »