« 医療従事者向け慰労金と医療機関等の感染拡大防止等への支援金の申請 明日7月28日(火)から開始 | トップページ | 千葉県庁舎爆破予告のメール 許しがたい犯罪行為です‼ »

2020年7月28日 (火)

停電の復旧と未然防止へ 東電パワーグリッドと協定締結

こんばんは、小池正昭です。

千葉県は、新型コロナウィルスに感染していた70代男性2人が亡くなったことを発表しました。
7月に入ってからの感染拡大は、主に若年層での感染の広がりでしたが、各世代に広がりつつあり重症患者も増加傾向にあり、”第2波”ともいえる状況にあります。
千葉県そして首都圏の感染者増にどのように対応していくか、行政は日々難しい対応に迫られていますが、感染防止を意識した県民の皆様の日々の行動に頼る部分が大きいのが事実でもあります。
間もなく県内の多くの学校では遅く短い夏休みが到来しますが、常に感染対策の重要性を意識して日々を生活していただきますようお願い申し上げます。

さて、令和元年房総半島台風(台風15号)によって大規模かつ長期の停電を経験した千葉県ですが、本日、東京電力パワーグリッド(株)との間で「災害時における停電復旧及び停電の未然防止の連携等に関する基本協定」を7月30日に締結することが発表されました。


<協定の概要>

  1. 大規模停電時の電力復旧等に連携して取り組む
    通行障害となっている電柱等や電力復旧作業の支障となっている道路上の倒木の除去を相互に協力して実施

  2. 相互連絡体制を確立する
    大規模停電の発生時には、相互に連絡調整員を派遣し、情報共有や要請を行う。

  3. 停電情報や道路・河川情報、電源車の優先配備先の情報を共有する
    ・平時から電力復旧を優先すべき重要施設の情報を共有する。
    ・停電、被害情報を共有し、重要施設へ優先して電源車の配備を要請する。

  4. 平時における計画的な樹木伐採について、相互に協力する
    倒木による停電被害を未然に防止するため、可能な限り連携して取り組んでいく。

今年は台風の襲来はまだありませんが、各地で大雨により甚大な被害が発生しています。
これまでは地震や津波への対策が重視されてきた千葉県ですが、昨年の相次ぐ台風の襲来と大雨により大きな打撃を受けた経験を無駄にすることなく対策を講じるとともに、関係機関や民間企業とも連携して対策の強化を推進していかなければなりません。

|

« 医療従事者向け慰労金と医療機関等の感染拡大防止等への支援金の申請 明日7月28日(火)から開始 | トップページ | 千葉県庁舎爆破予告のメール 許しがたい犯罪行為です‼ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 医療従事者向け慰労金と医療機関等の感染拡大防止等への支援金の申請 明日7月28日(火)から開始 | トップページ | 千葉県庁舎爆破予告のメール 許しがたい犯罪行為です‼ »