« 小池百合子氏圧勝で2期目 隣接する千葉県としてもその政治判断を注視していく必要があります | トップページ | 12日まで「成田山祇園会」 »

2020年7月 6日 (月)

北千葉道路 成田市区間の残事業費を精査し事業費の算出を!

こんばんは、小池正昭です。

熊本県の球磨川流域での水害。
既に亡くなった方は40人を超えたとの報道。
依然として行方不明の方の捜索が行われていますが、一刻も早く救出されることを願うばかりです。

そして、今日は長崎県や福岡県でも線状降水帯により記録的な大雨が降り続いたとの事で、新たな災害も発生している模様です。
引き続き明日にかけて九州地方は大雨の予報もありますので、厳重に警戒をしていただきたいと思います。

さて、千葉県も昨年は2つの台風と豪雨で甚大な被害を受けました。
先日の議会最終日から県土整備部を所管する常任委員会の委員長を務めることとなり、改めて災害に強い県土づくりと減災対策に力を入れなければならないと考えています。

多くの課題に対して必要な予算の確保をどうするのか。
コロナ対策で予想以上に財政負担が増し、予算配分の見直しも必要となるかもしれません。
限られた財源の中で何を優先しなければならないのか、突発的な災害への備えをどうするのか、県民の命と健康を守るための施策とその予算をどう確保していくのか、非常に悩ましい局面にあります。

昨年までとは全く異なる視点を持っていかなければならない現状に、今後の先行きを見通すことは難しい面もありますが、しっかりと職責を果たしてまいりたいと思います。

そして今日は北千葉道路事務所の所長他、関係職員と打ち合わせがありました。
千葉県北部を東西に結び、成田空港と東葛方面、そして外環道へと結ぶことで空港アクセスの向上に大きく貢献するこの北千葉道路は、千葉県の発展のためにも着実かつ早期に事業を進めていかなければなりません。

西側の船橋以西については、有料道路と一般道路を一体的に整備するため都市計画決定に向けた手続きが進められています。
一方で、成田側についても暫定的ではありますが成田市押畑まで開通し、更に成田空港側へと工事が進められているところです。

ただし、成田側の残事業を考えるとまだまだその開通時期を見通すことは難しく、現在では残りの事業費も公表できない状況です。
これに対して私としては、事業を精査し計画的な整備と必要な予算を確保するためにも残事業費を算出して示すべきと従来から訴えています。

当然に長年の期間をかけて事業を進捗する上では、その算出される事業費も変動することを許容しなければなりませんが、社会情勢など環境が様々に変化しているなかで今後の事業費が示せないという事はそもそもその計画性が問われることにもなります。

今日の打ち合わせの中この件についての作業を進める事としたいとの事でしたので、結果を待ちたいと思います。

|

« 小池百合子氏圧勝で2期目 隣接する千葉県としてもその政治判断を注視していく必要があります | トップページ | 12日まで「成田山祇園会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小池百合子氏圧勝で2期目 隣接する千葉県としてもその政治判断を注視していく必要があります | トップページ | 12日まで「成田山祇園会」 »