« 今日は要望等の対応で現地調査など行いました | トップページ | 「吉倉地区周辺まちづくり」の権利者説明会が開催されました »

2020年8月 1日 (土)

航空機騒音対策の対象区域拡大の説明会 地元地域に新たな問題がまた一つ

こんばんは、小池正昭です。

今日は地元の三里塚天満天神社の祭礼。
本来であれば、御神輿の渡御と屋台の曳き廻しが行われ盛り上がるところでしたが、今年は神事のみ。
例年行われる街の飾りつけや、神社境内の賑やかさも全くなくひっそりとした今年のお祭り当日となりました。
新型コロナウィルスにより、全国各地でも大小様々な伝統行事や祭礼、イベント等が中止に追い込まれています。
致し方ないと思いつつも地元の祭礼が行われない寂しさを感じた今日の祭事ですが、来年は今年の分まで盛り上がるお祭りとなることを期待しています。

その後は三里塚コミュニティーセンターで開催された成田空港の騒音対策の対象区域拡大に関する説明会に参加しました。
法に基づく対象区域の外側の約300mの地域に設定された内陸空港という性格上、成田空港独自に設定された”隣接区域”の拡大に関するものです。
”密”を避けるため午前中と午後の2回開催され、住民の方々の意見を拝聴しました。
一部において、滑走路中心線上から遠い住居が新たに対象となった一方で、かつてあった円形の馬場の跡地の道路で区域分けをしたため、より滑走路に近い住居が対象から外れています。
この件について、対象から外れた方から強い異論が出されました。
地元の実情を把握している私としても、今回の区域設定をした線引きは「合理性に欠ける」部分があると感じてます。

しかし成田市では、「市として決定した案である」として”変更しない”という主張でした。
これに対して住民からは「何のための説明なのか?」という強い疑問も呈されたところで、私も住民と行政とのやり取りを聞いていて首を傾げざるを得ない部分が多々あったと感じたのが事実です。
そして、改めて地元で抱えた新たな問題であると認識しました。

Img_1560 ここで、三里塚コミュニティーセンターのロビーにあったイベントの紹介です。
8月7日(金)に、「さんりづか名画座」と題した映画の上映会と、戦争体験者によるお話会が開催されます。
今年は戦後75年という節目にもあたります。
連日、新型コロナウィルス関連のニュースや出来事で日々は過ぎていますが、平和を堅持する重要性を忘れずにいなければなりません。
コロナ対策もしっかりと行って開催されるとの事。
お時間のある方はご参加いただければと思います。

|

« 今日は要望等の対応で現地調査など行いました | トップページ | 「吉倉地区周辺まちづくり」の権利者説明会が開催されました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は要望等の対応で現地調査など行いました | トップページ | 「吉倉地区周辺まちづくり」の権利者説明会が開催されました »