« 球磨川流域の大水害 行方不明者の一刻も早い救出を願います | トップページ | 北千葉道路 成田市区間の残事業費を精査し事業費の算出を! »

2020年7月 5日 (日)

小池百合子氏圧勝で2期目 隣接する千葉県としてもその政治判断を注視していく必要があります

こんばんは、小池正昭です。

熊本県球磨川の氾濫による被害の続報が続いています。
広範囲で浸水し、集落の孤立状態も続いている模様です。
映像からもその恐ろしさを感じますが、何と言っても家屋が甚大な損傷を受けまた、ほとんどの家財が水に浸かり生活の基盤が突然に奪われた住民の方々が片付けに追われる映像に対して適切な言葉が見つかりません。

先ずは各機関が連携して人命第一に救助活動を行っていただく事、そして政治行政が被災された方々の早期の生活再建のために支援していく事が重要です。
国においても迅速な支援を決定して早急な対応を求めます。

さて、話は一転しますが今日は東京都知事選挙の投開票日。
午後8時過ぎ、投票が締め切られた直後に小池百合子氏の当選確実が報道されました。

安定的な戦いをしているとの報道がありましたが、私の感想としては他候補を大きく引き離した大勝利と言える結果です。
野党が支援する候補が分散したとも見られますが、小池知事への支持が揺るぎなく固いものであるという印象すら持ちました。

私個人の見解としては、現在のコロナ禍で都民にとってトップを変えるという意識は薄く、改めて知事という職の重要性を理解した中においては、他候補の政治手腕に期待を寄せることが出来なかったのではないかと感じています。

千葉県としても隣接し、政治や行政、そして経済も含めて密接に関係する東京都の動向は常に注視しなければならず、都知事が誰であるのか、どのような政策を実施するのかは重要な要素でもあります。
東京都においてもコロナ対策で財政的な負担も増えたところであり、更にオリンピック・パラリンピックの延期による追加負担の問題、景気の悪化に伴う減収も予想される中で、2期目の小池都知事の一挙手一投足が注目されます。

千葉県政に参画させていただいている一人として、私自身も今後の東京都の動向を注視して参りたいと思います。

Img_1485 一点、県民の皆様へのお願いです。
最近の東京都でのコロナウィルス新規感染者の増加について、県としても大きな懸念を持っています。
そこで、感染拡大傾向が見られる都内の繁華街での飲食には十分注意していただくよう添付の文書の通りお願い申し上げます。

|

« 球磨川流域の大水害 行方不明者の一刻も早い救出を願います | トップページ | 北千葉道路 成田市区間の残事業費を精査し事業費の算出を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 球磨川流域の大水害 行方不明者の一刻も早い救出を願います | トップページ | 北千葉道路 成田市区間の残事業費を精査し事業費の算出を! »