« 銚子連絡道路横芝光町~匝瑳市間の5km 土地収用制度も視野に | トップページ | 議会が閉会 新正副議長選出、私は6年ぶり2度目の県土整備常任委員長 »

2020年7月 2日 (木)

明日閉会予定の議会にコロナ関連補正予算

こんばんは、小池正昭です。

再び感染拡大の局面に差し掛かっているのか。
様々に判断が分かれるところでありますが、新規感染者数の数字は確実に増加し、東京都では1日で107人となりました。
千葉県では11人。これは4月下旬以来の二桁です。
他の関東近県も同様の傾向にあるため、これ以上の感染拡大を抑えるための措置を何らかとるのか、難しい判断に迫られています。

明日は議会最終日。
感染症対策に関しては一時の危機を脱しつつあるとの雰囲気が大勢でした。
そのため、昨年の台風や大雨被害からの復興や災害対策、経済対策にも視点をおきつつ過ごしてきたこの定例議会ですが、改めて感染防止対策と医療提供体制についての議論を再び引き上げていかなければならないと強く感じているところです。

そして議会最終日に向けて本日、追加の補正予算案の概要が公表されました。
国の二次補正予算を受けてのものですが、補正予算額は1,867億4,800万円です。

この中には、医療従事者や福祉関係職員への慰労金や、新型コロナ患者用の病床確保への補助金増額、患者受け入れ医療機関への補助などがあります。
また、中高生の部活動の独自大会の運営費、観光振興にも予算が計上されます。

本格的な夏を間近にして人々の動きが活発になる時期、感染症対策に万全を期しながら経済対策にも力を入れていかなければなりません。

|

« 銚子連絡道路横芝光町~匝瑳市間の5km 土地収用制度も視野に | トップページ | 議会が閉会 新正副議長選出、私は6年ぶり2度目の県土整備常任委員長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銚子連絡道路横芝光町~匝瑳市間の5km 土地収用制度も視野に | トップページ | 議会が閉会 新正副議長選出、私は6年ぶり2度目の県土整備常任委員長 »