« 多様な教育を認めて教育機会の確保を! | トップページ | 明日閉会予定の議会にコロナ関連補正予算 »

2020年7月 1日 (水)

銚子連絡道路横芝光町~匝瑳市間の5km 土地収用制度も視野に

こんばんは、小池正昭です。

今日の東京都の新規感染者数は67人と、緊急事態宣言後で最多となりました。
積極的な検査による増加とも理解する一方で、先週から続く50人越えの現実に改めて第2波の懸念も出てきました。

社会活動が本格的に再開し、ある程度感染者数が増加するとも想定されていましたが、今の傾向をどう捉えるか難しい局面にあると感じます。
あとは、常に医療提供体制を気にしておかなければなりませんが、新規感染者の中で中等症や重傷者の割合がどうであるのかも気になるところです。

県議会は明後日閉会しますが、閉会後も常に様々な対応がとれる体制を敷いておくこととなりそうです。

Img_1474_20200701182001 さて本日、銚子連絡道路についての一部用地取得の目途が立っていない箇所について、土地収用制度も視野に入れて事業認定の手続きを行うための事業説明会を開催するとの報告がありました。

この銚子連絡道路は、山武市から銚子市まで全長30kmの地域高規格道路で、1994年(平成6年)に計画路線に指定され翌年に1期工事が始まりました。
千葉県の海匝地域にとって悲願の道路であり、千葉県の均衡ある発展のためにもその早期全線開通が求められてきています。

Img_1475 2006年(平成18年)に1期区間の5.9kmが開通、現在は2023年度(令和5年度)に横芝光町~匝瑳市間の5km区間の事業を展開中で、任意交渉による用地取得に全力を挙げて取り組んでいるところです。 しかしながら、一部で用地取得が難航し開通時期の遅れも懸念されます。
まずは任意交渉での用地取得に努めながら事業を着実に進めるための種々の手続きを進めることとなります。

なお、匝瑳市~旭市間の13km区間についても事業概要や整備効果、概略ルートに関する説明会を予定し、都市計画の手続きを進めていくとのことです。

担当常任委員会所属の一人として、引き続き県内の道路ネットワークの更なる向上に努めてまいります。

|

« 多様な教育を認めて教育機会の確保を! | トップページ | 明日閉会予定の議会にコロナ関連補正予算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多様な教育を認めて教育機会の確保を! | トップページ | 明日閉会予定の議会にコロナ関連補正予算 »