« 感染拡大が続く中、医療体制の充実を! | トップページ | 千葉県道路整備プログラムについて »

2020年7月20日 (月)

県内の全海水浴場は開設されません 遊泳はお控えいただくようお願い致します

こんばんは、小池正昭です。

今日の新規感染者は全国で408名。
東京都では168名で、千葉県では18名でした。
先週の200人越えからは低下しているここ数日ですが、曜日により変化があるとされている関係からも明日以降の数字の動向を注視したいと思います。

さて、例年であれば夏休みに突入という時期になりました。
夏のレジャーに出かける家族連れも多く、三方を海に囲まれ豊富な海水浴場を有する千葉県としても期待の大きな夏季でした。

しかし、今年はコロナウィルスの関係で海水浴場の開設にも様々な議論がなされ、結果として千葉県内の全海水浴場の開設を見送りました。

そこで懸念されるのが、海水浴場を開設しなくても海水浴場に訪れ海の入ってしまう人々の安全の確保。
例年であれば、海の家等が設置され、地元自治体や観光団体等が監視員やライフセイバーを設置し安全管理に努めていただいていますが、今年は海水浴場そのものが開設されないためその対応もありません。

県としては案内看板を設置するなど周知に努め”個人の責任”としたいところではありますが、海岸を管理する行政としてどこまで管理を行うのか難しい判断も迫られていました。

結果的に千葉県は、定期的に警備員を巡回させることを決定しました。
管理する行政としては、一定の安全対策を講じなければならないとの判断です。

県民の皆様、そして千葉県を訪れる方々には、今年の夏の各海水浴場が閉鎖されている事、そして遊泳を控えていただくよう要請している事をご認識いただき、くれぐれも海の安全にご理解とご協力をいただきますようお願い致します。

|

« 感染拡大が続く中、医療体制の充実を! | トップページ | 千葉県道路整備プログラムについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感染拡大が続く中、医療体制の充実を! | トップページ | 千葉県道路整備プログラムについて »