« 県議会リポートを発行 | トップページ | 歴史的なGDPの落ち込み ”二番底”回避を »

2020年8月16日 (日)

成田リトルシニア 復活した全国選抜大会へ出発

こんばんは、小池正昭です。

様々な行事の開催が見送られている中ですが、甲子園から、そして千葉県でも高校球児の活躍が届いてきています。

スポーツだけでなく多くの競技大会が開催されず、特に高校3年生にとってはそれぞれの部活動の集大成ともなるべきこの2020年であったと思います。
そのような思いを察して主催団体等が様々な検討を行った結果、独自大会の開催まで漕ぎつけている競技もあり、関係者のご尽力には特に敬意を表したいと思います。

私が会長を務める中学生硬式野球チーム「成田リトルシニア」も、今年の3月に開催される予定であった「第26回日本リトルシニア全国選抜野球大会」に関東代表として出場が決定し準備を重ねていましたが、高校野球同様に大会自体が中止に追い込まれていました。
しかし、その後関係者のご尽力もあり8月17日から3日間の日程でベスト8まで戦うなど制限もありますが開催することが決定し、急きょその準備が進められてきたところです。

Img_1587 会場は大阪の地であることなどから、移動手段や選手の数、指導者や保護者の帯同者、現地での過ごし方などなど様々に検討がなされ本日早朝、3年生の選手たちは成田の地をバスで出発していきました。
本来であれば私も大阪での応援をしたかったところですが、様々な事情を考慮し残念ですが地元に残ることとさせていただきました。

「成田リトルシニア」の選抜大会出場は2年ぶり。
新型コロナウィルス感染拡大を受けて、練習にも大きな制約のあった今年ですが、感染防止対策を徹底しながら思い切ってプレーし悔いのない戦いを展開して欲しいと願っています。

Img_1594 初戦の相手は東北代表の「宮城北部リトルシニア」。
明日12時プレーボールです。
特別に暑い令和2年、2020年のこの夏、大阪の地で熱い戦いを期待しています。

|

« 県議会リポートを発行 | トップページ | 歴史的なGDPの落ち込み ”二番底”回避を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県議会リポートを発行 | トップページ | 歴史的なGDPの落ち込み ”二番底”回避を »