« 成田市内で進む開発構想説明会に出席 | トップページ | 総裁選の地方票3票の扱いについて »

2020年8月31日 (月)

新規感染者減少の傾向も油断は禁物

こんばんは、小池正昭です。

今日の千葉県内の新規感染者数は17人。20人以下は20日ぶりでした。
この新規感染者の中には県庁職員で3例目の県土整備部職員1人も含まれています。

全国の傾向としては7月下旬がピークで新規感染者数は減少傾向にあると言えますが、千葉県の推移を見るとピークは8月初旬頃となっています。
当然に全国では地域差も現れていますが、大きな傾向としては”第2波”が収まりつつあると言える段階に入ってきたと感じます。

ただし、油断は禁物。
9月は土曜日を含めた4連休もあり、暑さも和らいで人々の行動が広域化活発化するものと予想しています。
経済の循環のためにも”人の動き”を作らなければなりませんが、引き続き感染防止対策に留意しながらの行動を要請していかなければなりません。

さて、後継総理選びが徐々に見えてきています。
報道によれば菅義偉官房長官への支持が広がり、ほぼ流れができつつあるようです。
当然に国民からも重大な関心を寄せられていることから、自民党としても今回の総裁選を開かれたものにする努力をしなければなりません。

明日9月1日、その総裁選の方法が党本部で決定される予定です。
どのように決定し、またその決定の理由をどう説明するのか、党所属の県議会議員として私も注目しています。

|

« 成田市内で進む開発構想説明会に出席 | トップページ | 総裁選の地方票3票の扱いについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成田市内で進む開発構想説明会に出席 | トップページ | 総裁選の地方票3票の扱いについて »