« 「多人数での会食」自粛要請を本日解除 | トップページ | 自民党総裁選 地方の予備選でも菅氏が優位 »

2020年9月11日 (金)

学校給食に和牛、イセエビ、キンメダイ、サザエなど

こんばんは、小池正昭です。

お昼すぎ、千葉市内は局所的に雷を伴う大雨。
普段は冠水しないところでも雨水の処理が追いつかず、多くのところで道路が冠水していました。
秋に向けての天候変化とも思いますが、関東地方ではこの週末、雨も予想され局所的に激しく降る可能性もあります。
気象情報にご留意ください。

そんな天候でしたが、予定通り午後からは県庁議会棟にて一般質問の準備。
想定している質問の担当課と打合せを行いました。
一部疑問が増す内容もありましたので、更に調査して執行部の取り組みを促したいと思います。

さて、本日公表された内容を1件ご紹介します。

Img_1696_20200912073401 Img_1697 既にSNSでもアップしましたが、千葉県は、コロナ禍で需要が低迷している牛肉や水産物を学校給食の食材に提供し、消費拡大と合わせて千葉県産品の美味しさと魅力を伝え食育活動に取り組むことを本日公表しました。

希望のあった県内の小中学校に対して、牛肉は和牛など約17万食分、水産物はイセエビ、キンメダイ、マダイ、スズキ、サザエなど県産12魚種を約37万食分提供します。

示されたメニューの例では、牛肉の使用で、牛丼、ビーフカレー、ビーフシチュー、すき焼き、ステーキ。
水産物では、たこ飯、イセエビのいろどりグラタン、スズキのムニエル、マダイの野菜あんかけ、キンメダイのレモン風味焼き、サザエカレー。
私も是非食べてみたいと思うメニューが並んでいます。

今回の事業で牛肉については1億5千万円、水産物については1億円の予算を要しますが、生産者や関連する業種の方々の下支えの一助となることを期待するとともに、県内小中学校の児童生徒が県産品への理解を深め、そして笑顔で美味しく楽しい給食の時間を過ごして欲しいと願うところです。

|

« 「多人数での会食」自粛要請を本日解除 | トップページ | 自民党総裁選 地方の予備選でも菅氏が優位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「多人数での会食」自粛要請を本日解除 | トップページ | 自民党総裁選 地方の予備選でも菅氏が優位 »