« 学校給食に和牛、イセエビ、キンメダイ、サザエなど | トップページ | 第26代自民党総裁は菅義偉氏 »

2020年9月13日 (日)

自民党総裁選 地方の予備選でも菅氏が優位

こんばんは、小池正昭です。

コロナウィルスの新規陽性者数は減少傾向との認識はありますが、ここに来て千葉県での減少のスピードに足踏み感を覚えます。
全国の都道府県での違いはあるものの、東京、千葉、埼玉、神奈川の首都圏1都3県では未だに一定の感染者数が毎日発生している中、Go To トラベルで東京を対象とする議論が進められていること、またイベントなどの観客人数の上限が引き上げられることなど、感染拡大リスクに懸念も生じるところです。

しかし、落ち込んだ経済も徐々に回復させていかなければなりません。
そのためにも感染防止対策の徹底の継続が必要です。
日々の感染者数の推移に目を奪われがちですが、本格的な秋を迎えるにあたって気を緩めることなく感染症対策に取り組むよう県当局に強く求めてまいります。

さて、先ほどまで明日の倫理法人会モーニングセミナーでお話をする内容について、資料を作成していました。
題目は、「千葉県と成田市の最近の動向について」。
参加する会員の方々に興味を持っていただけるように努力したいと思います。

それから、自民党総裁選。
予備選挙を行った各都道府県の開票結果が徐々に明らかになってきましたが、菅義偉官房長官の優位が決定的なようです。
これを受けて明日、第26代目の新総裁が選出されます。
国民の多くは既に新しい総理大臣となるであろう菅官房長官の発言に多くの興味を示し、メディアもそれを伝えています。

今後の大きな焦点は、解散総選挙がこの秋にも直ぐに実施されるかどうか。
選挙に向けた一定の流れも出来つつあると感じるところですが、まさに政治は「一寸先は闇」ですので、安易な想像の話は控えておきたいと思います。

それでは明日6時からのセミナーに備えて、今日はいつもより早めに就寝させていただきます。

|

« 学校給食に和牛、イセエビ、キンメダイ、サザエなど | トップページ | 第26代自民党総裁は菅義偉氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学校給食に和牛、イセエビ、キンメダイ、サザエなど | トップページ | 第26代自民党総裁は菅義偉氏 »