« 次期知事選に向けての急な動きについて | トップページ | 旧下総御料牧場にあった穀物倉庫が栄町に現存 今後の保存活用についてご要望をいただきました »

2020年10月29日 (木)

国内感染者10万人超え 体調変化の際は適切に医療機関の受診をお願いします

こんばんは、小池正昭です。

今日は多方面から知事選について問合せをいただきました。
私の支援者の方に対しても何も申し上げることもできず、心苦しいところでした。

今のところ急な展開に対して方針が示されることは難しいかとは感じますが、まずは明日朝に予定されている県選出国会議員団会議の内容を見守ることとしたいと思います。

さて、新型コロナウィルスの国内感染者が累計で10万人を超えたという報道がありました。

欧州では、感染第二波が大きな影響を及ぼしつつあります。
中でもフランスは10月30日から12月1日までロックダウン(都市封鎖)の実施が決定しています。

経済を世界的に見ると地域によって差はありますが、これまで徐々に回復傾向にあったところにきて欧州の感染第二波。
各国の実施する措置によって欧州経済が再び大きく停滞することも予想され、それが世界経済や日本の経済にどのように影響してくるのか心配なところでもあります。

今のところ日本では、感染者数は多いものの重症化率や致死率が春の頃に比べて低い傾向にあります。
生活様式や国民の衛生意識の違いなどありますが、これ以上の感染拡大は何としても防ぎたいところです。

今日も私の周囲では、「医者に行ったらPCR検査を受けることになった」、「家族が発熱して受診したらPCR検査を受けることになった」などのお話もありました。
相対的にPCR検査を受けることが容易になってきたと感じるものであり、感染拡大防止には大きく貢献することとなっていると感じています。

秋が深まり明日以降気温が下がる予報です。
国内の新規感染者数が一定の数字を維持している中で、今後その傾向が再び上昇に転じる可能性も否定できません。

私の周りでは確実に風邪の症状を訴える方も多くなっていますので、皆様には体調管理に気をつけていただき、もし発熱や身体の異変を感じた場合には適宜適切に医療機関を受診していただき、医師から診断をしていただくようにお願いいたします。

|

« 次期知事選に向けての急な動きについて | トップページ | 旧下総御料牧場にあった穀物倉庫が栄町に現存 今後の保存活用についてご要望をいただきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次期知事選に向けての急な動きについて | トップページ | 旧下総御料牧場にあった穀物倉庫が栄町に現存 今後の保存活用についてご要望をいただきました »