« 令和3年度予算編成 一段と厳しくなるも必要な予算の確保を求めてまいります | トップページ | 今日から12月定例議会 »

2020年11月26日 (木)

12月3日に予定している自民党代表質問の準備を進めています

こんばんは、小池正昭です。

今日は午前中から夕方まで県庁議会棟内で来週12月3日に行う自民党代表質問の調整。
予定している全ての質問について協議を行いました。

その中で、現在感染が拡大している新型コロナウィルスへの対応がありますが、日々刻々と状況の変化があるため質問する内容について現段階で明確に定めづらいところがあります。
知事の政治判断が重要であることは言うまでもありませんが、国の動きや近隣都県の動きとも連動するため、それらの判断や決定にも絶えず注意を払っておく必要があります。

時期を逸することのないようにとの思いで臨みたいと思っていますが、難しい作業が続いています。

さて本日、成田国際空港株式会社NAAの中間決算が発表されました。

それによると、9月中間連結決算で424億円の赤字、20年度通期連結決算予想では783億円の赤字を想定しているとのことで、非常に厳しい内容でした。

NAAとしても「最大限のコスト削減と設備投資抑制を継続」していくとのことですが、将来へ向けての大規模な投資となる第3滑走路の整備を含む「更なる機能強化」については、早期実現を目指していくとのコメントがありました。

この「更なる機能強化」は、将来の成田空港の競争力向上に不可欠であり、結果として千葉県や日本の発展にも大きく寄与することから、何としても予定通り事業を進めなければなりません。
そしてこの「更なる機能j強化」と共に約束してきた周辺地域の振興策実現のためにも、将来を見据えた空港整備を着実に進める必要がります。

今後も空港の運用状況については注意を持って行きたいと思いますが、国と県に対しては、厳しい状況の成田国際空港を支援し、特に「更なる機能強化」の進捗に影響が出ないように要請してまいりたいと思います。

|

« 令和3年度予算編成 一段と厳しくなるも必要な予算の確保を求めてまいります | トップページ | 今日から12月定例議会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和3年度予算編成 一段と厳しくなるも必要な予算の確保を求めてまいります | トップページ | 今日から12月定例議会 »