« 千葉県ホームページが11/19にリニューアル | トップページ | 北千葉道路要望活動とユネスコ地域遺産写真展 »

2020年11月18日 (水)

コロナウィルスの拡大に対して議会膨張も再び制限へ

こんばんは、小池正昭です。

まずは昨日の内容。
午前中には成田市にある学校法人 玉造幼稚園がかねてより計画していた認定こども園の建設工事がいよいよ着工する運びとなり、地鎮祭にご案内頂き出席しました。

Img_1893 玉造幼稚園は、成田ニュータウンの玉造地区に現在の幼稚園を開園させて来年で40周年となる歴史ある幼稚園ですが、新たな子育てと幼児教育・保育の拠点として幼保連携型認定こども園へ移行することとなります。
今後も少子化が続き、成田市内でも大幅な人口増加は期待できない状況にありますが、待機児童問題は依然として顕在化している中で、時代の要請に対応する幼児教育・保育を実践していかなければなりません。

今日の地鎮祭で改めて新園舎の環境とコンセプト、デザインが紹介されましたが、これまでにない素晴らしい内容にその完成が待ち遠しく感じたところです。

午後からは成田用水推進協議会の総会。
成田用水事業は、成田空港の建設に伴い周辺地域の農業振興を図るために実施されましたが、施設の老朽化の問題がありました。
折しも、成田空港の敷地拡大や新滑走路建設計画が具体的に動き出し、成田用水事業の受益地が空港用地となるなど大きな影響が出ることとなりました。
そのため改めて周辺地域の振興策が議論される中で、引き続き農業振興策を図る必要もあり総事業費181億円の施設改築事業が決定、昨年にはその着工にこぎ着けたところです。

コロナウィルスにより大変な苦境の成田空港ですが、アフターコロナも見据えて空港の機能強化を計画通り進め、同時に周辺地域の振興を図るためにもこの成田用水施設改築事業も実施していかなければなりません。
私としても、引き続き空港周辺の基幹産業である農業を発展させるため、この事業の推進を応援してまいる所存です。

さて今日は、打ち合わせや企業関係者との意見交換などが続いた1日となりました。

そして12月3日に登壇予定の自民党代表質問に向けてその原稿の調整にも着手しました。
この代表質問に際して、日頃からお世話になっている方々などへ傍聴のご案内をしていたところですが、最近のコロナウィルス感染者の拡大を受けて傍聴人数を大幅に制限することとなったとの連絡が入りました。

早めに連絡をいただいたことに感謝申し上げます。

という事で急きょ傍聴の募集を中止し、既に傍聴をご希望頂いている方々に対しても事情をご理解いただき調整を始めたところです。
私としても折角の機会に多くの方々に傍聴にお越しいただきたいと考えていた矢先でしたので残念でなりませんが、コロナウィルスの状況もあり適切な対応を最優先しなければならないと考えています。

ただし代表質問は千葉テレビ放送にて生放送されます。
また、インターネット中継もありますので、直接の傍聴に代えてご案内をしていきたいと思います。
このブログをお読みいただいている方々にも、是非千葉テレビまたはインタネット中継をご覧いただきたいくお願い申し上げます。

なお、私が登壇する自民党の代表質問は、12月3日(木)午前10時からです。

|

« 千葉県ホームページが11/19にリニューアル | トップページ | 北千葉道路要望活動とユネスコ地域遺産写真展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉県ホームページが11/19にリニューアル | トップページ | 北千葉道路要望活動とユネスコ地域遺産写真展 »