« 知事選立候補依予定の関政幸議員が自民党の代表質問に登壇 テレビ放送と中継のご案内 | トップページ | 議会開会 不登校支援やナショナルサイクルルートについて »

2021年1月27日 (水)

ワクチン接種の訓練 県としても国、市町村と連携して準備を!

こんばんは、小池正昭です。

2度目の緊急事態宣言発令から3週間。
新規感染者数の減少傾向に期待をしつつも、引き続き確実に減少していくのかという不安にも感じるここ数日です。

千葉県では、今日の新規感染者数は合計で258名。
その内訳は、千葉市が27名(クラスター1件)、船橋市22名(クラスター1件)、柏市18名(クラスター2件)、その他が191名です。

ピークを越えた感のある数字ではありますが、緊急事態宣言の解除に向けての判断にはまだ遠いように思います。
特に、医療環境で未だにひっ迫感があることや、一定の感染者が発生している状況では再び増加に転じる可能性が強くあるためです。

昨年の緊急事態宣言の解除の際の数字や医療環境などが一つの目安ともなるかもしれませんが、政府も慎重な姿勢で判断するものと思います。

そして議論はワクチン接種に関する事が多くなりました。
ワクチンへの期待感は大きいものの不安があるのも事実であるため、行政としてはその不安を払しょくすることにも努力しなければなりません。

合わせて不安視されているのがこれまで経験のない大規模な接種が全国で行われるということ。
川崎市において集団接種を想定した大規模な訓練が実施されたとの報道がありました。
この訓練により一人当たりにかかる所要時間も計測されたとの事ですが、改めて問題や課題も抽出されたものと思います。

この川崎市の訓練が一つのモデルともなりますが、各市町村はその事情も異なります。
そのため今後千葉県内においても円滑にかつ問題発生のないようにワクチン接種の準備を進めなければならず、広域自治体としての県の役割も重要であることは言うまでもありません。

県に対しては、引き続き感染防止対策を講じながらワクチン接種に向けた準備を国、市町村と密に連携しながら周到に進めるように求めていきたいと思います。

|

« 知事選立候補依予定の関政幸議員が自民党の代表質問に登壇 テレビ放送と中継のご案内 | トップページ | 議会開会 不登校支援やナショナルサイクルルートについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知事選立候補依予定の関政幸議員が自民党の代表質問に登壇 テレビ放送と中継のご案内 | トップページ | 議会開会 不登校支援やナショナルサイクルルートについて »