« 時短協力金の申請手続きと支給 迅速に行える準備を! | トップページ | 新規感染者ピーク越えと見えるも、もう一段のご協力をお願い致します »

2021年1月21日 (木)

空港周辺の国家戦略特区提案 引き続き強く推し進めてまいります

こんばんは、小池正昭です。

本日、知事の記者会見が行われ、その中で成田空港周辺地域の土地利用規制の緩和などについて、内閣府に対して国家戦略特区の指定を受けるための提案を行ったことを明らかにしました。

このことについては、私がかねてから継続的に取り組み議会の場で求めてきたところですが、去る12議会の私の代表質問に対して、知事は県として国に提案を行うことを表明していました。

この規制緩和の内容は、農地に利用規制が含まれるなどまさに”岩盤規制”の緩和を求めるものであるため、今後相当な難局も予想されます。
しかし、これまでどちらかと言うと”安全運転”的な行政運営が目立っていた千葉県ですが、今回の特区提案は”挑戦をしていく行政”という面を強く感じられるもので、私としても望んでいた姿勢であり大いに評価したいところです。

主な内容としては以下の通りです。

  1. IC等一定の周辺地域における土地利用規制を緩和して物流施設等の整備を促進する
  2. 在留資格「特定技能」に倉庫業を位置付けて外国人材を更に活用する
  3. マルチテナント型物流施設の従業員の送迎を合理的に行えるようにする
  4. 農業分野の研究開発施設の設置を促進するため立地要件を緩和する

現在厳しい運用状況が続く成田空港ですが、「更なる機能強化」を着実に進めてアフターコロナを見据えた空港づくりを行わなければなりません。

そして同時に、国内最大の内陸国際空港の立地の優位性をより一層強く引き出し、空港機能強化を補完すると共に、周辺地域が自力で発展できる地域振興を実現していかなければなりません。

大きく一歩を踏み出した成田空港周辺のまちづくり、今後も私の政策の柱として推し進めてまいります。

|

« 時短協力金の申請手続きと支給 迅速に行える準備を! | トップページ | 新規感染者ピーク越えと見えるも、もう一段のご協力をお願い致します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時短協力金の申請手続きと支給 迅速に行える準備を! | トップページ | 新規感染者ピーク越えと見えるも、もう一段のご協力をお願い致します »