« 成田山節分会にて豆まき | トップページ | 県議会は補正予算を先議 »

2021年2月 4日 (木)

明日から臨時医療施設が稼働

こんばんは、小池正昭です。

議会は今日から本格的に始動。
先ずは議員発議で準備を進めてきた「千葉県犯罪被害者等支援条例」が提案され、提案者を代表して条例づくりを主導した関政幸県議が提案理由を説明しました。
関議員はこれまで議員発議の条例を多数策定してきましたが、改めてその能力の高さを実感します。

そして続いて代表質問。
先陣を切って自民党からは関政幸議員が登壇しました。

森田知事に対して真正面から質問をするも、森田知事にとって最後の定例議会となることから、これまでの多くの実績を讃えながら県政を振り返っての質問もありました。
森田知事が知事席に座っていることが当たり前であったこれまでですが、関議員の質問を聞いていて残り任期が2カ月と迫っている現実も改めて感じたところです。
森田知事からも残りの任期を全力で対応していくとの力強い言葉もあったことを付け加えておきます。

Img_2409 執行部からは1件報告がありました。
自民党が主導して求めてきた臨時医療施設の開設が決定したというものです。

明日2月5日から旧がんセンターを活用して26床を稼働させます。
そして段階的に66床まで稼働させる計画との事です。
自宅療養者の増加や多くの入院待機者がいる現実もあるため、この臨時施設の稼働により逼迫している医療体制の改善につながることを期待しています。

新たに医療施設を整備するという事は大変な労力と苦労があったものと思います。
県当局に対しては、施設整備から機器の準備そして人員の確保と訓練などを行い対応し稼働まで漕ぎつけていただいた事に心から敬意を表し県民の一人として感謝を申し上げます。

Img_2411 Img_2410_20210205090201 夜は関政幸県議と成田地区の住民の方々とのオンラインミーティングに参加しました。
私自身不慣れではありましたが、コロナ禍の運動で様々な制約があるため有効な手段であると認識したところです。
ただ、双方が慣れないとなかなか議論が深まらないなどの課題も感じたところ。
今日の経験を今後に活かしていきたいと思います。

 

|

« 成田山節分会にて豆まき | トップページ | 県議会は補正予算を先議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成田山節分会にて豆まき | トップページ | 県議会は補正予算を先議 »