« 自国に帰ることのできない外国人への支援の必要性 | トップページ | 道路、河川、橋梁などの維持管理にAIやICTを積極導入すべき »

2021年2月24日 (水)

空港、環境、農業、人材、各分野の方々と貴重な意見交換の1日

こんばんは、小池正昭です。

今日はまず、午前中に成田空港関係の打ち合わせ。
「更なる機能強化」による空港敷地の拡大などの様々な動きについて説明を受けまた私からも様々な提案などをさせて頂きました。

現在の空港の運用状況はコロナウィルス感染症の影響で非常に厳しいものの、2028年度中の第3滑走路完成の予定が変わるのことなく「更なる機能強化」を進めていかなければなりません。
まさに「もう一つの空港をつくることに匹敵」するこの事業、様々な調整などが必要となっていますが、しっかりと後押ししながら時に課題の解決にも当たってまいりたいと思います。

その後はリサイクル関係の会社を訪問。
来る知事選への支援をお願いしつつ、昨今の事業環境についてや先進の地方自治体の取り組みなど色々とお話を伺いました。

その中で今後SDGsが鍵となるとの思いを強くしたところで、私自身の政策の中にも柱として位置づけなければならないとも感じたところです。
まさに社会は常に変化している、そんな思いを新たにするとともに常に各界各層の生の声を聞くことの重要性を感じつつ、環境問題に積極的に関わってまいりたいと思います。

更に午後からは農業関係の企業と、人材派遣会社の方と成田空港周辺地域を想定して県が内閣府に提案した国家戦略特区の内容について、様々な視点から意見交換しました。

最近、農業分野に進出する法人や企業が増えていると感じています。
これまでも農業を成長分野として位置づけて様々な挑戦が続けられてきましたが、実際には農業に関する規制の存在などから中々実を結ばなかったという経緯もあります。

しかし、現在の農業を取り巻く新たな波は、産業として確実に変化していくという感触を感じることが出来、私自身もこの点については大きな興味を抱き、地元周辺地域の発展のためにも産業として発展させていきたいと考えています。
この件については、千葉県の方向性にも合致することから今後も多くの方々と継続して情報交換の場を持ちたいと考えています。

とかく机上で政策論議をしがちですが、それぞれの分野に携わる方々との情報交換がいかに大事であるのか、また如何に自身に知識が欠如しているのかを時に思い知ります。
今日もそのような1日でありました。
各企業や専門家との意見交換において得られた貴重な情報とご提案、今後の活動にしっかりと活かしてまいります。

|

« 自国に帰ることのできない外国人への支援の必要性 | トップページ | 道路、河川、橋梁などの維持管理にAIやICTを積極導入すべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自国に帰ることのできない外国人への支援の必要性 | トップページ | 道路、河川、橋梁などの維持管理にAIやICTを積極導入すべき »