« 県庁職員の時短要請時間を超えての飲食が判明 | トップページ | ワクチン接種に関する問題など そして森田知事が退庁 »

2021年4月 1日 (木)

新年度のスタート

こんばんは、小池正昭です。

今日から新年度。
年度末から新年度にかけての例年の慌しさも少ないように感じます。
特に、卒業式や入学式への来賓としての出席がなく、また春の各行事も早々に中止や縮小のご連絡をいただいていることで、例年とは全く異なる雰囲気の新年度スタートとなりました。

そして政府は、感染の再拡大を防止する必要性が高い地域として、大阪府、兵庫県、宮城県において4月5日から5月5日までの31日間の期間で「まん延防止等重点措置」の実施を決定しました。

この「まん延防止等重点措置」は、都道府県単位で発令される緊急事態宣言とは異なり、各都道府県内の特定の市町村など地域を限定して飲食店等の営業時間の短縮を要請できるものです。
対象となる市町村や地域は都道府県知事による決定ですが、人流によって感染が拡大するコロナウィルスの場合、その効果が限定的となる可能性が指摘されます。

今のところ千葉県内の感染者数は目立って増加傾向にはないものの、隣接する東京都で増加傾向も見られ人々の往来がい多い東京隣接地域での感染拡大も懸念されます。

今日の千葉県内の感染者数は全体で106人。
新年度のはじまりで新たな環境となる方も多いことと思いますが、感染防止対策への一層のご理解とご協力をお願い致します。

さて、森田健作知事の任期も残り3日間。
任期最終日が4月4日の日曜日となるため、明日金曜日が実質的な県庁を退庁する日となります。

12年間の知事として務められた日々は、振り返ると様々なことがありました。
そのリーダーシップによって多くの政策や事業が前進し県の発展に多大な貢献をされましたが、一方で県民の皆様から厳しいご批判を受けた行動もありました。

私としては、県民の皆様の抱く思いを理解しつつも、知事として12年間その職責を果たされたことには最大限の敬意を表するものです。

自民党に所属する身としては、今回の知事選挙の結果を受けて改めて県民の皆様が望む方向性を見失うことなく、県民生活の安全と安心、そして経済の発展を目指す所存です。

森田知事の退任を前に私自身の気持ちも新たにした新年度のスタートです。

|

« 県庁職員の時短要請時間を超えての飲食が判明 | トップページ | ワクチン接種に関する問題など そして森田知事が退庁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県庁職員の時短要請時間を超えての飲食が判明 | トップページ | ワクチン接種に関する問題など そして森田知事が退庁 »