« 広域幹線道路網の整備 県は「点」の視点をより重視すべき | トップページ | 臨時議会に向けて会派の役員会と議員総会 »

2021年4月 9日 (金)

議会とし機動的対応を求め活動します

こんばんは、小池正昭です。

本日発表された千葉県内のコロナウィルス新規感染者数は102人。
今週はずっと100人を切っていましたが、5日ぶりに100人越えとなりました。
先日、約4か月ぶりに70人を下回ったことをお知らせしたところで収束傾向に期待はしましたが、東京都や近県の状況を見ると予断を許さない状況にあることがわかります。

そして、都道府県内の地域を限定して緊急事態宣言に準じた対策が可能となる「まん延防止等重点措置」を東京都でも適用することが決定しました。
その期間はゴールデンウィーク明けの5月11日までです。

先月ようやく2回目の緊急事態宣言が解除され、ゴールデンウィークに向けて観光業などの回復も期待されていたところですが、再び厳しい現実に直面したようにも感じます。
特に、感染防止対策として都道府県境をまたぐ行動の自粛が要請されていることで全国的にもその影響が大きく、観光地にとっては2年連続で厳しいゴールデンウィークになるものと思います。

千葉県内の観光業も依然として厳しい状況にあり、県としても引き続きその支援策が求められます。

県議会は20日に臨時議会が招集されますが、公式の本格的な議論は6月定例議会となります。
しかし、日々変化する感染状況や厳しい状況にある県内経済と県民生活、加えてワクチン接種に関する課題などについては、今現在の休会中も機動的対応を求めていかなければなりません。

知事選挙が終わり3週間が経過しようとしている中で副知事人事なども伝わってきていますが、選挙結果の総括を行いながらも状況変化に対応した県議会としての責任を果たすように、県民の求める議員としての活動に注力してまいります。

|

« 広域幹線道路網の整備 県は「点」の視点をより重視すべき | トップページ | 臨時議会に向けて会派の役員会と議員総会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広域幹線道路網の整備 県は「点」の視点をより重視すべき | トップページ | 臨時議会に向けて会派の役員会と議員総会 »