« 議会とし機動的対応を求め活動します | トップページ | コロナワクチン接種の進捗状況など 必要な場合には専門窓口にお問い合わせください »

2021年4月12日 (月)

臨時議会に向けて会派の役員会と議員総会

こんばんは、小池正昭です。

今日は来週20日に召集される臨時議会に向けて、自民党会派の役員会と議員総会が開催されました。

今月4日に就任した熊谷知事も出席し、知事から提案する議案の概要の説明がありました。
なお、特別秘書に任命された吉田雅一氏も知事の隣に着座し出席されました。

この特別秘書とは議会同意のいらない特別職で、職名通りまさに”特別な秘書”という位置づけです。
森田健作知事時代はあまり表に出て来ていませんでしたが、今回の吉田氏は県庁のOBでもあるため、今後どのように活躍されるのか注目しています。

議案についてですが、主には知事を含む特別職給与の削減、コロナ対応の補正予算、そして副知事と教育委員、そして公安委員会委員の人事案件を審査します。
なお、既に報道されていますが、提案される予定の人事案は以下の通りです。

  • 副知事 農林水産部長 穴沢幸男氏(59歳、早大卒)
  • 教育長 環境生活部長 冨塚昌子氏(59歳、早大卒)
  • 公安委員会委員 千葉銀行頭取 佐久間英利(68歳、早大卒)

また知事給与ですが、昨年6月議会で可決し今年3月まで削減してきた知事20%、副知事、常勤監査委員、特別秘書については10%減という措置を引き続き来年3月まで継続するという内容です。
ちなみに議員報酬も昨年6月議会で10%削減を決定し現在も継続中です。

20日の臨時議会の会期は1日のため本格的な論戦は6月議会となる見込みですが、補正予算として新たに就任した知事の政策色が出るいわゆる”肉付け予算”の編成作業が進められている段階であり、6月議会の補正予算にどのような”熊谷色”が現れるのか私としても注目しているところです。

|

« 議会とし機動的対応を求め活動します | トップページ | コロナワクチン接種の進捗状況など 必要な場合には専門窓口にお問い合わせください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 議会とし機動的対応を求め活動します | トップページ | コロナワクチン接種の進捗状況など 必要な場合には専門窓口にお問い合わせください »