« 長年懸案であった地元スポーツ広場がリニューアル 自治会総会で住民の関心はワクチン接種のスケジュール | トップページ | 千葉県の新規感染者数 4カ月ぶりに低い水準も引き続きの警戒を! »

2021年4月 5日 (月)

ホテル業を営む事業者の方と意見交換

こんばんは、小池正昭です。

今日は年度末からいただいていたいくつかの要望などについて関係機関の調査を行いました。
そして成田市に関わることがいくつかありましたので、午前中に成田市役所へ。

新年度になって初めて訪れた成田市役所。
変化を感じたのは、1階の各種手続きや証明書の発行を行う総合窓口が混雑していたこと。
行政の窓口は、年度末から新年度当初は転入転出や様々な手続きで訪れる方が多く混雑しますが、成田市は特に国際空港のある都市として人の動きが多いのが特徴です。

ただ、現状の空港はコロナ禍でその運用が大きく落ち込んでいるため、例年と比べて人の動きもどのように影響しているのか、非常に気になる所。
世界的にはワクチンの効果も見られている報道がありますが、早期にコロナウィルスが収束し人々の動きが活発化してくることを待ち望む国際空港の地元成田市です。

午後からは打ち合わせや来客対応となりました。
その中で、国内外でホテル運営を中心に事業展開する方と意見交換をさせていただきましたが、この会社ではコロナ禍にもかかわらず一定の利益を確保できているとのこと。
そして今後も各地域への進出を計画しているとの事でした。

成田空港周辺、そして県内の状況や国内の動向などのお話も伺い、観光業の現状を様々な視点で見る機会となりました。
コロナ禍で厳しい中にも各産業において民間企業の努力が続いています。

県の発展のためには、民間の活力とアイデアが不可欠です。
今後も様々な機会をとらえて情報を集め、私自身の政策に活かしてまいる所存です。

|

« 長年懸案であった地元スポーツ広場がリニューアル 自治会総会で住民の関心はワクチン接種のスケジュール | トップページ | 千葉県の新規感染者数 4カ月ぶりに低い水準も引き続きの警戒を! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長年懸案であった地元スポーツ広場がリニューアル 自治会総会で住民の関心はワクチン接種のスケジュール | トップページ | 千葉県の新規感染者数 4カ月ぶりに低い水準も引き続きの警戒を! »