« よりビジネスのしやすい成田空港周辺地域を目指します | トップページ | 成田山新勝寺 橋本照稔大和尚本葬儀、自民党県連総務会、そして日大桜門会 »

2021年5月21日 (金)

障がい者ソフトボール大会 2年ぶりの開催に向けての協議

こんばんは、小池正昭です。

今日の動きの中で、政府は沖縄県に緊急事態宣言を発令する方針を決定したとの内容がありました。
沖縄県はまん延防止等重点措置の対象でしたが、飲食店への酒類提供の自粛は要請していませんでした。
観光を主力産業としている沖縄県としての判断であったと思いますが、結果的に感染拡大を食い止められずに緊急事態宣言にまで至ってしまったことは、県としての対策の甘さも指摘されます。

そして危惧するのが、少しづつ戻りつつあった国内航空旅客には水を差す形になるのではないかという事。
また、国内航空の大幹線の目的地でもある北海道でも、緊急事態宣言が発令されていますが感染の拡大が未だに続いており、航空への影響を心配しています。

成田空港を抱える千葉県。
航空の状況が大変気にかかるところですので、感染状況や緊急事態宣言の発令などが航空関連産業に与える影響など、その動向を常に注視していかなければならないと考えています。

さて、今日の午後には障害者ソフトボール大会の会議に、県の障害者ソフトボール協会の会長として出席しました。
毎年「ゆうあいぴっくソフトボール選手権大会」を9月に成田市を会場に開催しています。
千葉県は関東地区を代表して全国大会にも出場するなどレベルも高く、毎年多くのチームが参加していただき練習の成果を発揮する場となっています。

昨年は残念ながら開催できませんでしたので、第36回となる今年は何とか開催できないかと協議を続け準備に当たっていますが、既に各施設や特別支援学校の一部から大会への参加は見合わせたいという意見も出て来ているのが現状です。
しかし、日頃練習に打ち込んでいる選手の活躍の舞台をどうにか準備してあげたいとの思いで役員一同対応に当たっているところです。

今日の会議では、今後の状況にもよりますが、まずは9月10日の開会に向けて必要な対策を講じて準備を進めていく事を決定させていただきました。

コロナ感染症の長期化は様々な影響があり、障がいを持つ方々のお仕事や勉強、そして生活にも変化が生じているため当然に必要な配慮を怠らないようにしていきたいと考えています。

今後も難しい判断を迫られる事もあると覚悟していますが、安全な大会の開催を基本にしながらしっかりと準備を進めてまいりますので、多くの方々にご理解とご支援を賜りたくお願い致します。

|

« よりビジネスのしやすい成田空港周辺地域を目指します | トップページ | 成田山新勝寺 橋本照稔大和尚本葬儀、自民党県連総務会、そして日大桜門会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よりビジネスのしやすい成田空港周辺地域を目指します | トップページ | 成田山新勝寺 橋本照稔大和尚本葬儀、自民党県連総務会、そして日大桜門会 »