« アメリカ陸上チームの五輪事前キャンプが中止 | トップページ | 成田用水改築事業の進捗について »

2021年5月14日 (金)

新たに結成される政策グループに参加します

こんばんは、小池正昭です。

今日は午前中から議会関係の会議などが続きました。

まずは自民党県連の定期大会に向けた大会運営委員会。
5月22日の開催に向けて準備を進めてきましたが、千葉県もまん延防止等重点措置が延長されていることなどを考慮して、総務会を持って大会とすることになりました。
昨年に続いての対応ですが、現状の感染状況を考えれば適切な判断であると思います。

続いては自民党県連の役員会。そして午後からは総務会と続き、私からは経理局長として決算について報告し、承認をいただきました。

その後はこれまで所属していた政策グループの会議に出席。
知事選後の自民党会派としては、これまでの派閥を解消して一本化すべきとの基本で議論してきました。
既に私が参加していたグループは解散していますが、他派閥が解散せず一本化の実現も難しいとの判断となり、結果的には引き続き一本化を目指すことを前提としながらも、これまで活動を共にしてきた同志と共に新たな出発をすることとなりました。

6月議会の対応も準備が始まっています。
知事選挙後初の定例議会となり、本格的な政策議論も行われます。

熊谷知事からはいわゆる肉付け予算となる補正予算が提案されます。
就任後初の予算編成でどのような色が出るのか注目しているところですが、
自民党会派としては、何よりも県民生活の安定と生活満足度の向上、そして県全体の発展のための施策展開を求めると共に、直面する感染症と経済支援の対応などについて県民の代表としての責任を果たしていかなければなりません。

行動を共にする同志の議員と連携しながら議会開会に向けて準備を進めてまいります。

|

« アメリカ陸上チームの五輪事前キャンプが中止 | トップページ | 成田用水改築事業の進捗について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカ陸上チームの五輪事前キャンプが中止 | トップページ | 成田用水改築事業の進捗について »