« 千葉県高齢者ワクチン接種センター 明日8日(火)9時から受付開始 | トップページ | 株式会社旅友 千葉県へフェースシールドを寄贈  »

2021年6月 8日 (火)

県衛生研究所 変異株への対応でゲノム解析を開始しています

こんばんは、小池正昭です。

今日から千葉県高齢者ワクチン接種センターの受付が開始されました。
多くの申し込みがあったとの事で、市町村のワクチン接種を補完すると共に早期に希望する県民の多くの方々が接種できることを期待しています。

一つ課題として考えなければならないのが、大規模接種センターで一定数発生するキャンセルへの対応。
多くの人々が1日でも早いワクチン接種を希望する中で、ワクチンを無駄にしない対応が求められています。
因みに他の大規模接種センターの例では毎日約1割程度のキャンセルがあったとのこと。

このキャンセル分については、県民生活を支えていただいている様々な職種の方々の中で、優先順位を明確にした上て柔軟に対応可能な方々をリスト化して対応すべきと訴えているところです。

また、今後他の地域での接種センターの開設の必要性や、接種センターへの交通利便性確保も求めていかなければなりません。

1点、コロナウィルス関係でお知らせです。
全国の衛生研究所は、コロナウィルス対応に当たっていますが、千葉県衛生研究所も大きな役割を担ってきています。
今後、衛生研究所の重要性を認識して更に体制を強化しなければなりませんが、特にコロナウィルスの変異株への対応が求められ、その高度な技術的解析も求められていました。

これに対して千葉県衛生研究所は、これまでPCR検査によりN501Y変異の有無を確認してきました、変異株の監視を一層強化する必要があるため、ウィルスの内部構成に踏み込み総合的に解析するゲノム解析を行える体制が整い、一昨日から検査を開始しました。

これにより変異株検査について、これまでの国立感染症研究所へ検体を送付して手続きに比べて、結果判明までの時間が短縮され積極的疫学調査等に早く着手可能となる、また新たな変異株の解析にも対応可能になるとのことです。

ワクチン接種の拡大で集団免疫が徐々に形成されることを期待していますが、引き続き衛生研究所が重要な役割を担うこととなりますので、県民の命と健康を守るためにも衛生研究所の更なる研究解析技術の向上を応援していかなければなりません。

|

« 千葉県高齢者ワクチン接種センター 明日8日(火)9時から受付開始 | トップページ | 株式会社旅友 千葉県へフェースシールドを寄贈  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉県高齢者ワクチン接種センター 明日8日(火)9時から受付開始 | トップページ | 株式会社旅友 千葉県へフェースシールドを寄贈  »