« 売り上げ減少の中小企業等へ支援金を支給 | トップページ | コード・ブルーのモデルとなったドクターヘリ事業を視察 »

2021年6月18日 (金)

まん延防止等重点措置 7月11日まで延長のが正式に決定 対象は11市 

こんばんは、小池正昭です。

今日は急遽開催された自民党県連の選挙対策委員会に出席しました。
議題は来年の参議院選挙への対応について。

具体的には、現職の元榮太一郎参議院議員(1期)が来年の参議院議員選挙に出馬しないという報告を受け、その後継者を選定するというものでした。
会議では、今朝開催された国会議員団会議で
臼井正一県議(美浜区選出 5期)を候補予定者とすることが了承されたとの報告があり、県連の選対委員会としてもその決定を了承しました。

ただ、元榮参議院議員の不出馬の理由が分からず、前回選挙で「自民2議席確保」を目指して全力で運動展開した経緯などから、その説明を求める意見などがありました。

私も、党員や党友のみならず、前回選挙で577,392人もの方々が元榮太一郎氏に投票して頂いた経緯からも、広く必要な説明が求められると考えています。
特に3月の知事選挙で大敗した自民党千葉県連として、しっかりとした対応をしていかなければなりません。
当然に私自身にもその責任があると自覚していますので、来る衆院選と来夏の参院選での勝利のためにも今後すべき対応をして参る所存です。

さて、千葉県のまん延防止等重点措置の対象区域と内容が本日決定されました。
対象区域は、千葉市、市川市、船橋市、木更津市、松戸市、習志野市、市原市、君津市、富津市、浦安市、袖ケ浦市の11市で、期間は7月11日迄です。

対象区域内では引き続き飲食店の営業時間を20時までとすることを要請し、一定の要件を満たした飲食店では、「入店から退店までの時間を90分以内」、「1グループは2人まで」認めることを決定しました。

20日での解除が期待されていましたが、結果的に措置が延長され引き続き飲食店関連の方々には厳しい状況が続くこととなります。
ただ、直近の千葉県内の感染状況をデータで見ると”下げ止まっている”という状況にあります。
そして再拡大のリスクが多くあることも分かるため、ワクチン接種を進めながら措置の延長について理解せざるを得ません。

県民の皆様には引き続き制約のある生活をお願いしますが、必要な支援策を機動的に講じるように県執行部には強く要請してまいります。
何卒、ご理解を賜りますようお願いいたします。

|

« 売り上げ減少の中小企業等へ支援金を支給 | トップページ | コード・ブルーのモデルとなったドクターヘリ事業を視察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 売り上げ減少の中小企業等へ支援金を支給 | トップページ | コード・ブルーのモデルとなったドクターヘリ事業を視察 »