« 北総線の運賃値下げへ向けた検討を歓迎 政調会では水際対策の問題を協議 | トップページ | 担当委員会の準備 県民の負託に応える議論がなされるよう準備をしています »

2021年6月25日 (金)

各議員連盟の勉強会など 教育機会確保に向けては議員発議で条例制定を検討

こんばんは、小池正昭です。

県議会は今日から個人の一般質問が始まり、午前中に2人、午後2人の計4人が登壇しました。
代表質問に続いて「知事の政治姿勢について」の質問、またこれまで継続してきた事業や検討段階にある内容などの対応についての質問も多くありましたが、森田県政との”違い”は特に大きく見られません。
ただし、今後徐々に”熊谷色”も随所に出てくると思われますので、自民党としては、知事が変わってもこれまで取り組んできた政策を今後も変わらず推し進め、千葉県にとって、また県民にとって真に必要な政策が実行されるように議論を重ねていきたいと思います。

さて、休憩中や本会議後にいくつかの会議がありました。

一つは幹事長を務める「フリースクール等教育機会確保議員連盟」の役員会。
不登校児童生徒の増加が大きな問題となっている中で、個々の事情に対応できる多様な学びの機会を提供しなければなりません。
議員連盟としては、公教育の場での教育支援と合わせて、フリースクールなど重要な役割を担っていただいている施設・団体への支援も必要であると考え、必要な条例制定を視野に入れ作業を開始しています。
コロナ禍で教育環境にも大きな変化がもたらされている今、教育現場の課題と子供たちがその実情に合わせて等しく教育を受けられる環境づくりを急がなければならないと考えているところです。

Img_3189 Img_3193 その他には、AED普及と実施率向上に向けたPT」の勉強会。
平成29年議員発議で条例が制定され、「千葉県AED等普及促進計画」が策定されましたが、3年間の計画期間を経て課題を抽出し、新たな計画が策定されました。
年々AED使用率は上昇していますが、引き続き県民への普及啓発を行い生存率と社会復帰率向上を目指さなければなりません。
県に対して今後も取り組みの強化を訴えています。

Img_3198 Img_3196 それから農業土地改良議員連盟の勉強会。
今日は、農林水産省出身の新藤金日子参議院議員をお招きして、食料自給率目標の達成、食糧安全保障の確立などについてお話を伺いました。
農業は千葉県の産業の柱。各地域の振興にも直結する重要政策です。
そのような認識のもと、私も引き続き農林水産業政策の議論には積極的に参画して参る所存です。

|

« 北総線の運賃値下げへ向けた検討を歓迎 政調会では水際対策の問題を協議 | トップページ | 担当委員会の準備 県民の負託に応える議論がなされるよう準備をしています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北総線の運賃値下げへ向けた検討を歓迎 政調会では水際対策の問題を協議 | トップページ | 担当委員会の準備 県民の負託に応える議論がなされるよう準備をしています »