« コード・ブルーのモデルとなったドクターヘリ事業を視察 | トップページ | 北総線の運賃値下げへ向けた検討を歓迎 政調会では水際対策の問題を協議 »

2021年6月22日 (火)

アフターコロナを見据えて 空港のある都市同士の交流会議

こんばんは、小池正昭です。

今日の千葉県内の新規感染者数は74人。
前週同曜日と比べて-12人でした。

第5波への警戒が続く中で、新規感染者数と前週同曜日との増減が注目されています。
ワクチン接種も進みつつありますので、何とかこのまま減少傾向が続くことを願うばかりです。

Img_3176 さて、今日は「全国空港のある地域2021成田会議」に出席しました。

7年目を迎えた全国の都市との交流。
1年間を通して各都市持ち回り開催され、成田では、毎年成田山新勝寺への初詣も企画されて1月に開催されていますが、コロナウィルス感染症の影響で今年は延期されていました。

結果的に今日の会議は半年遅れ。やはりコロナ禍の影響で例年に比べると全国各都市からの参加は少ない成田会議でしたが、それでも開催にこぎ着けられたことに意義があったと思います。

意見交換の中でもコロナ禍の現状に、各地においても観光などが厳しい局面にあることを改めて実感しましたが、徐々にアフターコロナを見据えての動きも確実に出てきていることも感じました。

今後も、空港のある都市やその周辺地域同士が交流してより良い地域づくりに結び付けられるように、私自身もこの会議に積極的に参加して各地域の人々との交流を通して地域づくりに貢献してまいりたいと思います。

いよいよ県議会は明日から代表質問が始まります。
そして前半の本会議は30日まで続き、その後委員会の日程に入ります。
約3か月半ぶりの本格的な論戦となりますので、県民の皆様の負託に応えるように議会に臨んでまいります。

|

« コード・ブルーのモデルとなったドクターヘリ事業を視察 | トップページ | 北総線の運賃値下げへ向けた検討を歓迎 政調会では水際対策の問題を協議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コード・ブルーのモデルとなったドクターヘリ事業を視察 | トップページ | 北総線の運賃値下げへ向けた検討を歓迎 政調会では水際対策の問題を協議 »