« 飲食店認証制度全県展開へ 急激な感染拡大傾向の中での実施に懸念 | トップページ | 柔道阿部兄弟の揃っての金メダルに感動  »

2021年7月23日 (金)

東京2020大会 いよいよ正式に開幕

こんばんは、小池正昭です。

今現在、多くの方々がオリンピックの開会式をご覧になっているのではないでしょうか。

有観客にするのか、そもそも開催すべきか、国民の中にも様々な意見がありましたが、現在では出場のために来日してくれた各国アスリートが安全に、そして素晴らしいパフォーマンスを見せてくれることを望む声が多くなっていると思います。
そして当然に日本の選手たちの活躍を期待しているのではないでしょうか。

開会式はその大会の象徴でもあり、企画から準備まで入念に行われ、どのような演出がなされるのか世界中が注目していますその開会式の演出などを担当する方が直前になって辞任するなど、開催国の国民として正直私自身、多くの不安を感じていました。

そして今日の東京2020大会の開会式。
ここ最近のオリンピック開会式とは明確に一線を画して、新型コロナウイルス感染症によって延期となり、様々な苦難を経て開催に至ることができたことを意識した多くの演出もありました。
日本国内、また世界からはこの開会式について様々な評価があるものと思いますが、関わった方々のご苦労に敬意を表したいと思います。

注目された国立競技場での聖火点灯。
国立競技場での聖火リレーは、柔道の野村忠宏さんとレスリングの吉田沙保里さんの2人のゴールドメダリストから、長嶋、王、松井という野球界のレジェンド3人へ、続いて医師と看護師へ、続いて東日本大震災で被災した東北3県の児童たちへ、そして最終聖火ランナーにテニスの大坂なおみ選手へと聖火が渡り、国立競技場に聖火がともされました。
このリレーからも今大会の意義を感じることができたとうに思います。

明日からはいよいよ各競技が本格的に始まります。
首都圏を始め大都市圏で感染者数が増加しています。
引き続き感染防止対策を十分にしていただき、テレビでアスリートの活躍を応援していただきたいと思います。

|

« 飲食店認証制度全県展開へ 急激な感染拡大傾向の中での実施に懸念 | トップページ | 柔道阿部兄弟の揃っての金メダルに感動  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飲食店認証制度全県展開へ 急激な感染拡大傾向の中での実施に懸念 | トップページ | 柔道阿部兄弟の揃っての金メダルに感動  »