« 専修学校の理事長さんとの貴重な意見交換 | トップページ | ワクチン不足 今後県の役割が検討されている模様です »

2021年7月11日 (日)

県内2つの市長選挙が告示 旭市長選の米本候補の出陣式へ

こんばんは、小池正昭です。

今日は夕方に急な雷雨となりました。
ここ数年は毎年梅雨の後半に大雨となり大きな災害が発生しています。
専門家によるとこれも地球温暖化の影響との事。
確かに私が子供のころの梅雨とは明らかに違っていることを感じています。
環境問題が世界的にも問われる時代、私たち個人の日々の生活でもしっかりと意識していかなければなりません。

さて昨日は、自民党成田市支部の総会に代わる「役員会・市議団合同会議」が開催されました。
当初は昨年同様に書面決議という案もありましたが、政治情勢が大きく動いていることなどを考慮しての会議開催となりました。

私からはまず「党情報告」をし、その後今年度の「運動方針」を発表しました。
その中で、自民党が大型選挙で負けてきている事実、特に直近では3月の千葉県知事選挙、そして東京都議会議員選挙の結果を真摯に受け止めなければならないこと。
また、衆議院議員任期満了まで約3カ月と迫り、総選挙が迫ってきている事などから、自民党地方組織として選挙準備に当たっていかなければならないこと等に重きを置いて述べさせていただきました。

3月の知事選の結果に対して厳しいご意見も寄せられましたが、真摯に受け止めて体制を整えなければなりません。
引き続き与えられた責任を全力で果たし、結果に結びつくように努力してまいります。

そして今日は千葉県内で2つの市長選挙が告示されました。
鎌ヶ谷市長選挙と旭市長選挙。

Img_3255 Img_3251 私は旭市長選挙の米本やいちろう候補の出陣式に出席しました。
今回は3期12年務めてこられた明智忠直市長が勇退されることを受けて新人4人の戦いとなりました。

蒸し暑い中ではありましたが多くの支援者が集まり、まさに熱気を帯びていたと思います。
明智忠直市長も応援に駆け付け、米本候補への大きな期待を寄せ力強いご支援を表明していただきました。

千葉県の東総地域の中心都市である旭市。
私自身も厳しい時代に合ってその舵取りが出来るのは、米本やいちろう候補しか選択肢はないと確信しています。

Img_3252 まさに旭市夏の陣。
1週間後には嬉しい報告が出来るように微力ながら支援してまいります。

|

« 専修学校の理事長さんとの貴重な意見交換 | トップページ | ワクチン不足 今後県の役割が検討されている模様です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 専修学校の理事長さんとの貴重な意見交換 | トップページ | ワクチン不足 今後県の役割が検討されている模様です »