« 専大松戸 甲子園初勝利おめでとうございます。 | トップページ | パラリンピック学校観戦プログラムについて »

2021年8月17日 (火)

政調会正副会長でコロナ対応を協議

こんばんは、小池正昭です。

今日は午後から自民党政務調査会の正副会長打ち合わせ。
その中で執行部から県内のコロナウィルス感染者の状況や、病床確保数と稼働率、自宅療養者への対応、保健所業務の状況、ホテル療養施設の状況などの説明を受けました。
医療環境や保健所業務が相当に逼迫している現実が明らかになりましたが、更に感染者が増加することへの不安を強く持ったところです。

県では、政府の緊急事態宣言延長の決定を受けて、新型コロナウィルス感染症対策本部会議を開催し以下の内容を決定しています。

  • 県民に対して混雑した場所等への外出を半減するよう要請。
  • 大型商業施設の「人数管理・人数制限・誘導等の入場者の整理」を要請。
  • 県立学校の部活動について週2日以上の休養日を設け、休日は3時間までとし昼食を挟まない。
  • 県内大会への参加は認め、高体連、高野連、高文連、中央競技団体等が主催する全国大会、東日本大会、関東大会への参加は認める。
  • 練習試合、合同練習は行わない。ただし県内大会の2週間前からは県内のみ練習試合を認める。
  • 自宅療養者への支援を強化する。
  • パルスオキシメーターを必要な台数確保する。
  • 夜間の対応として夜間外来と翌日まで酸素投与可能な診療施設を確保する。

この他、中小企業等事業継続支援金(法人20万円、個人10万円)の対象月の変更も行われます。

先ずは感染者への対応が優先となりますが、感染者数を抑えるのと同時に経済対策も並行して行わなければなりません。

刻々と変化する状況ですので、政調会としても定期的に情報提供を受けて必要な対策を求めていく事としました。
引き続きしっかりと対応を協議してまいります。

 

|

« 専大松戸 甲子園初勝利おめでとうございます。 | トップページ | パラリンピック学校観戦プログラムについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 専大松戸 甲子園初勝利おめでとうございます。 | トップページ | パラリンピック学校観戦プログラムについて »