« 土木事務所にて地域の要望活動に同席など | トップページ | 県立学校 緊急事態宣言下の新学期対応は分散登校、時差通学、短縮授業など »

2021年8月22日 (日)

残念な結果が2つ

こんばんは、小池正昭です。

残念に思った結果が2つ。

一つは甲子園での戦いで専大松戸が敗れたこと。
あともう一つは横浜市長選挙で、菅総理が支援した候補が敗れたこと。

横浜市長選挙では、当初は小此木氏に勝算があると見られていましたが、選挙戦直前から立憲民主党が推薦する山中氏がリードする展開となり、選挙期間中に更にその差が開く調査結果がありました。
敗因としては、地元の自民党組織が林文子氏と小此木氏への支援とで割れて分裂選挙となったこと、そして何よりもコロナウィルス感染者が急増して政府の対策などへの不満が拡大し、政権に近い小此木氏への支援が弱くなってしまったことが挙げられます。

この横浜市長選挙は菅総理のまさにお膝元でもあり、衆院選挙に大きな影響を及ぼすと見られていただけに自民党としては痛手です。
しかし、現下の経験のない感染症に対して対応できる総合力を持つのは自民党であり、批判を繰り返すのみの野党にこの難局は任せられません。
自民党に対しては厳しいご意見をいただく昨今ですが、責任政党として政策を訴え衆院選への準備をしていかなければならいと考えています。

Img_3380 さて昨日は久しぶりに消防団活動に参加。
チバテレビと成田ケーブルテレビから成田市消防団への取材依頼があり、私の所属する団がその舞台となりました。
取材の内容は、消防団長と女性部がメインでしたので、地元の団員の出番はエキストラ的なもののみ。
という事で私自身も整列した時に後列で敬礼するのみでした。
また周りを見渡すと参加していた団員で何と最高齢の位置に。入団から既に27年の歳月が経っています。

そろそろ退団も見えてきていますが、そのためには新入団員の確保が不可欠です。
若い世代にしっかりとバトンタッチするために、また地域の防災力を維持向上させるために、団員皆で新入団員の確保に努めていきたいと思います。

 

 

 

 

|

« 土木事務所にて地域の要望活動に同席など | トップページ | 県立学校 緊急事態宣言下の新学期対応は分散登校、時差通学、短縮授業など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土木事務所にて地域の要望活動に同席など | トップページ | 県立学校 緊急事態宣言下の新学期対応は分散登校、時差通学、短縮授業など »