« 経済の回復に向けて 外国人材の受け入れ再開について議論すべき | トップページ | 世論調査に一喜一憂せず衆院選の準備へ »

2021年10月 4日 (月)

岸田内閣始動 予想に反した衆院選日程の前倒しは大きなサプライズ

こんばんは、小池正昭です。

本日、国会の首班指名選挙で第100代となる岸田文雄内閣総理大臣が選出されました。

いよいよ岸田政権のスタートです。
既に内閣の顔ぶれも明らかになっていますが、千葉県からは、官房長官の松野博一氏、そして今回新設された経済安全保障担当大臣に小林鷹之氏が入閣しました。
自民党千葉県連としても非常に嬉しい出来事です。

そして驚きがあったのは衆院選の日程。
大方の予想では、10月26日公示、11月7日投開票でしたが、10月19日公示、10月31日投開票という事になりました。
1週間の違いではありますが、正直言って時間がない選挙となり焦りも出てきます。

いつもは新政権誕生のご祝儀相場がありますが、果たして今回の内閣が国民にどのように映っているのかまだわかりません。
自民党は、地元千葉10区で林幹雄代議士が10回目の当選を目指して動き出しています。
時間的に大きな制約のある中ですが、小選挙区での議席獲得に全力を尽くします。

|

« 経済の回復に向けて 外国人材の受け入れ再開について議論すべき | トップページ | 世論調査に一喜一憂せず衆院選の準備へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 経済の回復に向けて 外国人材の受け入れ再開について議論すべき | トップページ | 世論調査に一喜一憂せず衆院選の準備へ »