« 多古町長逮捕に衝撃 | トップページ | 今日は母の分骨法要で山梨県へ »

2021年11月19日 (金)

通学路の一斉点検結果に関する対策 着実な実施を求めていきます

こんばんは、小池正昭です。

今日は12月定例議会に向けて議会運営委員会が開催されました。
予定通り11月26日に召集されて26日間の会期を決定。
初日には、特別職や議員の期末手当を減額する議案も上程され、支給基準日に間に合わせるために即日審議して採決することとなりました。
また、自民党の1名と立憲民主・千葉民主の1名がそれぞれ柏市長選挙と衆議院選挙に立候補したことによって辞職したため、本会議場の議席や各種委員会の所属、一般質問の質問枠の変更などについても決定しました。
初日は何かと慌ただしくなりそうです。

さて本日、八街市において発生した小学生の交通死亡事故を受けて実施した市町村立(千葉市立を除く)の全小学校の通学路の点検結果に対して、関係機関で協議等を行った対策案が公表されました。

  1. 対策が必要とされた箇所数 3,495箇所
  2. 対策が必要とされた箇所の対応部署別箇所数 ※重複箇所あり
     市町村教育委員会・学校 1,527箇所

     道路管理者 2,330箇所(国管理21箇所、県管理709箇所、市町村管理1,660箇所)
     警察 606箇所
  3. 主な対策
    市町村教育委員会・学校
     ・見守り活動
     ・安全教育
     ・通学路の変更 等
    道路管理者
     ・ガードレール、車止めの設置による歩行空間の分離
     ・カラー舗装や外側線による歩行空間の明確化
     ・生活道路については、ハンプや狭窄による速度抑制等
    警察
     ・信号機の新設、改良
     ・横断歩道の新設、補修
     ・交通指導取締り、街頭監視 等

Img_3710 市町村別の内訳は表のとおりです。
改めて関係機関が問題を認識して取り組みことはもちろんですが、互いに緊密に連携して対応することも求められます。
そして対策の実施には予算の確保が重要となり、また優先順位も検討しなければなりません。

対策の実施に当たっては相当期間を要することが想定されるため、進捗状況を定期的に公表することも必要であると考えますので、今後も注視して着実な実施を求めてまいります。

|

« 多古町長逮捕に衝撃 | トップページ | 今日は母の分骨法要で山梨県へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多古町長逮捕に衝撃 | トップページ | 今日は母の分骨法要で山梨県へ »