« お世話になった方との最後のお別れ | トップページ | 運転代行業者の廃業や台数が削減されているという現実 飲酒運転根絶に向けて新たに課題を認識 »

2021年11月12日 (金)

第6波に備えて

こんばんは、小池正昭です。

今日は自民党の役員会、そして議員総会が開催されました。
12月議会の開会に向けて準備が進みつつあり、代表質問の内容についても政務調査会で検討が進んでいます。
9月議会当時と新型コロナウィルス感染症の状況も大きく変化している中です
が、引き続き第6波への備えを含めて県当局にはその対応を求めることとなる見込みです。

その第6波への備えですが、9月議会で求めた臨時医療施設が開設に向けて具体的に動き出しています。
新規感染者数が大きく減少している今、医療提供体制についての県民の方々の意識は低くなっていることも感じますが、災害への備えは「空振りに終わるのが一番良い」という考えで備えなければなりません。

ただ、県が準備している臨時医療施設の医療人材の確保について民間事業者に委託するという点については、初めての試みでもあるため、いざ有事の際に確実かつ適切に体制を整えられるのか現時点でその詳細がわからず心配な面もあります。
新たな臨時医療施設を開設するためには何といっても医療人材の確保が最重要課題でありますので、この点について今後も県の対応をしっかりと確認をしながら有事への対応を求めて参りたいと思います。

Img_3695 Img_3696 さて、少し遅くなりましたが先週発行した県議会リポートについてお知らせします。
9月議会の内容のため時間の経過とともにタイムリーでない記事もありますが、是非ご覧いただきご意見も賜れれば幸いです。
2109_koike_masaaki (chiba-jimin.jp)

この週末は気温が低下するとのこと。
皆様には、体調管理にお気をつけいただき、よい週末をお過ごしください。

|

« お世話になった方との最後のお別れ | トップページ | 運転代行業者の廃業や台数が削減されているという現実 飲酒運転根絶に向けて新たに課題を認識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お世話になった方との最後のお別れ | トップページ | 運転代行業者の廃業や台数が削減されているという現実 飲酒運転根絶に向けて新たに課題を認識 »