« 社会と経済を停滞させない対応をが求められます | トップページ | 自治会から寄せられる問題や課題に真摯に取り組んでまいります »

2022年1月14日 (金)

県内無料検査は約230箇所で可能となっています

こんばんは、小池正昭です。

連日寒い日が続くせいか、オミクロン株の猛威に若干の鼻や喉の違和感を感じた際、「もしかしたら?」との思いが頭をよぎることもあります。
無症状や軽症が多いとされているこのオミクロン株に対して、自らの判断の難しさを感じます。
幸いその症状も一時的なものであり風症状などは全くなく、また周りに感染したという人もいませんが、日々の体調の変化には注意深くいたいと思います。

なお、千葉県の無料検査ですが、県内のウェルシア薬局、ヤックスドラッグなど約230店舗が登録されています。
無症状で検査を希望される方は、ご活用ください。

さて今日は千葉県農業会議に出席。
県内の各農業委員会から提出された諮問案件を審査しました。

その中で1件、香取市の農地転用許可については、地元農業委員会と地域住民から出された不安や反対意見等を踏まえて結論を保留し、2月に現地調査を行うこととしました。
この案件は、農地に都内での開発で発生した残土を搬入して飼料を作付けするというものですが、農地を高く埋め立てる計画となっているため、地元農業委員会と香取市から大きな懸念が出されました。

この案件の審査を経て、残土処理などの法令や条例の規制が十分に作用しないことを改めて感じた次第であり、良好に農地を保、あるいは活用するという視点において、農業会議の役割に重要性を再認識したところです。

その後は県庁にて打ち合わせ。
そして、地元に戻り各方面から頂いたご要望やご意見について土木事務所での打ち合わせ、協議しました。
地域の発展と住民生活に必要な内容については、それぞれの課題や問題に真正面から取り組んで参ります。

|

« 社会と経済を停滞させない対応をが求められます | トップページ | 自治会から寄せられる問題や課題に真摯に取り組んでまいります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社会と経済を停滞させない対応をが求められます | トップページ | 自治会から寄せられる問題や課題に真摯に取り組んでまいります »