« 八街市で鳥インフルエンザの疑い 判定の場合迅速に防疫措置を行います | トップページ | 県教委 まん延防止等重点措置期間の学校の対応について各学校へ文書を通知 »

2022年1月19日 (水)

21日からのまん延防止等重点措置について

こんばんは、小池正昭です。

今日は先ず県庁にてフリースクールを運営する団体の方との意見交換。
増加を続ける不登校児童生徒への支援について問題意識を共有しました。
現在、議員発議での条例制定を目指して議論を続けていますが、現場のご意見をしっかりと受け止めて作業を進めたいと考えています。

続いて、自民党政務調査会の正副会長で担当部局からコロナ対策の現状と今後の取り組みについてヒアリング。
21日(金)からの「まん延防止等重点措置」の対応方針も含めて説明を受けました。

県内の感染状況に関する最新のデータによると、すでに指摘されている通りオミクロン株の重症化リスクは低いといえますが、今後自宅療養者が急激に増加する懸念があり、第5波の際に直面した保健所業務機能が麻痺する事は何としても避けなければならず、自宅療養者の健康観察に落ち度のない対応が求められていると考えます。
これについては、県当局としても様々な対応を用意していましたが、引き続き状況に応じながら必要な対策を講じて頂くよう強く求めたところです。

Img_4105 午後からはデジタル化推進プロジェクトチームで埼玉県担当者とのオンライン会議。
当初は埼玉県庁を直接訪問して「埼玉県DX推進計画」の説明を受ける予定でしたが、感染症対策のため急遽オンラインに切り替えての会議でした。

デジタル化は今後の成長と行政サービスの向上に欠かせません。
そのため各自治体において戦略的に施策展開が図られていますが、千葉県としての取り組みは遅れを取っていると言える状況です。
そのため自民党会派としては、議会側から積極的に働きかけを行い、千葉県の発展と県民生活の向上に向けたDX戦略の推進を強く求め参ります。

Img_4109 Img_4110 Img_4111 さて、「まん延防止等重点措置」が、21日(金)から2月13(日)までの期間に設定されました。

飲食店の営業時間短縮要請は、認証店・確認店が営業時間を21時までで酒類提供を可として協力金を支給、それ以外の店舗は営業時間を20時までで酒類提供不可で協力金は支給しないという内容です。
隣接する東京都などと少し異なりますのでご注意ください。
なお、細かくはお示しした資料をご覧頂ければと思います。

それから昨日お知らせした八街市内で発生した鳥インフルエンザですが、早朝から防疫措置が開始され現在も作業が続けられています。
防疫措置に当たっていただいている関係職員の方々に心から敬意を表する次第です。
何とか昨年のような大規模かつ多発を防ぎ、千葉県の養鶏業を守っていただきたいとの思いです。

|

« 八街市で鳥インフルエンザの疑い 判定の場合迅速に防疫措置を行います | トップページ | 県教委 まん延防止等重点措置期間の学校の対応について各学校へ文書を通知 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八街市で鳥インフルエンザの疑い 判定の場合迅速に防疫措置を行います | トップページ | 県教委 まん延防止等重点措置期間の学校の対応について各学校へ文書を通知 »