« 残念ながら地元「おびしゃ」は今年も神事のみ | トップページ | この冬3例目の鳥インフル 防疫措置完了 »

2022年1月24日 (月)

八街市の鳥インフルは防疫措置終了、飲酒運転根絶協議会の初会合が明日開催

  • こんばんは、小池正昭です。

今日も引き続き保育園関係のコロナ対応。
抗原検査キットの不足を実感しています。

検査キットについて国内で増産していますが多くを輸入に頼っている現実があり、世界的な需要の高まりと物流の問題などで不足状態に陥っている模様です。
一昨年のマスク不足と同じ状況になりつつありますが、検査キットについては真に必要な人に優先する意識が求められています。

さて、現在の報道の多くがコロナウィルス関連となっていますが、県政は様々な問題に対応しながら常に動いています。

先日までお知らせした八街市で発生した鳥インフルエンザの防疫措置は、本日午前7時に完了したとの報告を受けました。
昼夜を通して約66,000羽の殺処分にあたって頂いた県職員をはじめ、全ての関係者の皆様に心より感謝を申し上げます。
今しばらく警戒しなければなりませんが、新たな発生がないことを祈るばかりです。

そして、昨年12月議会において全会一致で可決した「千葉県飲酒運転の根絶を実現するための条例」が本年1月1日から施行されていますが、この条例に基づいた「千葉県飲酒運転根絶連絡協議会」の初の会議が明日開催されます。
メンバーとしては知事を筆頭に、警察本部長をはじめ2大学から有識者、そして県内の関係各団体の代表者が出席される予定との事です。

警察当局によって取り締まりも強化していますが、依然として検挙される報道を目にします。
千葉県としても、今年は、条例の施行を受けて「飲酒運転根絶元年」と位置付けて、行政、事業者、そして県民総ぐるみでの取り組みを推進し真の「根絶の実現」を目指して欲しいと思います。

そして議会としても引き続き検討を重ね、関係部局と連携しながら必要な条例の改正についても継続して協議してまいります。

|

« 残念ながら地元「おびしゃ」は今年も神事のみ | トップページ | この冬3例目の鳥インフル 防疫措置完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残念ながら地元「おびしゃ」は今年も神事のみ | トップページ | この冬3例目の鳥インフル 防疫措置完了 »