« 保育園児と芋苗植え | トップページ | 農林水産常任委員会 委員会後には県内2カ所を視察 »

2022年6月15日 (水)

ZIP AIRの尾翼の「Z」変更へ

こんばんは。

今日は明日の農林水産常任委員会を控えて打ち合わせ。
想定される質疑や、事前に通告があった自民党議員からの質問の内容を確認しました。

燃料費や電気代、飼料、肥料などの値上がりにより県内の農業や水産業も大きな影響を受けています。
また、先日の降雹被害も甚大であったため、県に対してはその具体的な支援策を示すことを求めています。

今回は審査する付託議案はありませんが、当面の諸課題に対する質疑が活発に行われるように、委員長として委員会を進めていきたいと思います。
なお、午後からは県内の現地視察を予定しています。
農業の現場を実際に訪れて、実情を把握し今後の政策に反映していきたいと考えているところです。

Img_4749 さて、成田空港を拠点とするLCC「ZIP AIR」が、新たに今年12月から成田-サンノゼ線を就航するとの発表がありました。
ZIP AIRは、中長距離国際線を運行するLCCとして世界的にも先駆けて設立され、新たなビジネスモデルとして注目されています。
運行を開始してからは、新型コロナウィルス感染症の影響を大きく受けてきましたが、コロナ禍の中でも常に前向きに飛行機を運行してきた経緯もあります。

ようやく日本国内も含めて世界的にも人の動きが活発化してきているため、今後の需要の増加を期待しているところであり、成田空港を拠点とする航空会社として成長して欲しいと願っているところです。

Img_4751 そして、尾翼の「Z」がロシア軍のシンボルと重なる懸念もありましたが、新たな飛躍を期してデザインを変更することも合わせて発表されました。
実は私自身も「Z」の尾翼は気になっていたところです。

成田空港では徐々に活気が戻る期待感が高まっています。
国内外の航空各社が、成田空港を拠点に国内外から再び多くの人とモノを運び、活性化することを強く望むところですが、成田空港の地元選出議員としては、航空業界の動向を注視しながら将来を見据えた空港づくりが着実に進むように引き続き精力的に活動して参る所存です。

千葉県議会議員 小池正昭

|

« 保育園児と芋苗植え | トップページ | 農林水産常任委員会 委員会後には県内2カ所を視察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 保育園児と芋苗植え | トップページ | 農林水産常任委員会 委員会後には県内2カ所を視察 »