« ボーイスカウト日本連盟から「感謝章」を授与されました | トップページ | 降雹被害 梨やキャベツなどに17億7千万円 »

2022年6月 7日 (火)

県が提案している成田空港周辺地域の国家戦略特区 先ずは規制改革実施計画として閣議決定

こんばんは。

昨日梅雨入りした関東ですが、昨日に続いて今日も梅雨寒の1日でした。
明日も気温が低い予報となっています。
皆様には、体調を崩さないようご注意ください。

県議会も週が明けて一般質問が続いています。
また休憩中には、各議員連盟の総会や自民党の政調会の打ち合わせなどが続き、慌ただしく過ごしています。

さてつい先ほど、政府において規制改革実施計画が閣議決定されたとの情報が入りました。
この中に千葉県が昨年1月に国家戦略特区として提案した、成田空港周辺における農地の土地利用規制に関する内容が含まれています。
Img_4718 具体的には、成田空港の更なる機能強化を見据えて必要な物流施設の投資促進のため、空港周辺の農地の農振除外及び農地転用を可能にするというものです。

農地の利用規制はまさに岩盤規制であるため、今後具体的な検討に至るまでには多くのハードルを越えなければならない現実がありますが、県庁職員の各方面への努力によって、まずは小さな一歩でも進んだということを嬉しく感じています。

これを受けて、自民党会派内に組織されている成田国際空港推進議員連盟を開催することとし、今回の閣議決定の内容と合わせて最近の成田空港の状況について成田空港会社NAAから説明を受けることとしました。

また、7月に空港の現地視察も計画し、自民党会派の各議員の成田空港への理解を深めたいと考えています。
徐々に世界からの人の流れが戻ってきていますが、首都圏においては国際線が羽田空港と成田空港に分散し、旅客の回復は羽田空港が先行するとの予測もあるため、成田空港としては今後の動向に気が抜けない状況が続きます。

しかし、将来を見据えて着実に空港施設を整備し、あわせて周辺地域に国際空港ならではの産業を誘致し、空港と地域の相乗効果をもって将来の発展を目指したいと考えています。
引き続き、千葉県の最大の優位性である成田空港のポテンシャルを引き出すように努力を続けます。

千葉県議会議員 小池正昭

|

« ボーイスカウト日本連盟から「感謝章」を授与されました | トップページ | 降雹被害 梨やキャベツなどに17億7千万円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボーイスカウト日本連盟から「感謝章」を授与されました | トップページ | 降雹被害 梨やキャベツなどに17億7千万円 »