« 今日は市内のイベントへ | トップページ | 県の重要な道路整備に向けての総会に出席 それから千葉の牛肉”ブランド化”に向けて »

2022年7月25日 (月)

想定を超える登録があった「感染症検査キット配布・陽性者登録センター」 本日14時に受付を再開

こんばんは。

新型コロナウィルスの陽性者数増加が連日伝えられていますが、特に子供の感染が拡大し私が役員を務める地元の保育園においてもここ数日毎日のように陽性者の報告があります。
また、園児から保育士が感染するケースもあり、夏休みのない保育現場はコロナ対応に追われている状況です。

県は先週、保育園における濃厚接触者の特定は行わない方針を決定しましたが、結果的に陽性となった園児と接触が多かった園児や保育士が感染するという現実を目の当たりにして、感染拡大期になっての方針を転換に現場では戸惑いもあり、その決定時期の不適切さを感じています。

また、クラス担任や補助の保育士も陽性となり出勤できないにもかかわらず、行政からは「国の方針なので保育は継続を」という指示がありました。
「経済を止めない」ために「保育は止めない」という方針ですが、保育の質と安全の確保、そして同時に感染症対策を常に講じなければならず、保育現場では様々な負担が重くのしかかってきていると強く感じています。

そして県は、7月21日に再開した「感染症検査キット配布・陽性者登録センター」について、予想を超える登録があったためとして、同日の午後10時に受付を急遽一旦休止しました。
「事前の予想が甘かった」と言える一方で、市中における感染の波が予想よりも大きく広がっていることを示しているとも言えます。

なお、この「感染症検査キット配布・陽性者登録センター」については、医師を増員し連絡を電話からメールに切り替えるなどの措置を取り、本日14時から再開しています。
ただし、受付上限を300件に限定しての再開です。

何とかこの第7波が早期に収束に向かうことを願うばかりですが、引き続き必要な対応について県当局に求めて参ります。

千葉県議会議員 小池正昭

 

|

« 今日は市内のイベントへ | トップページ | 県の重要な道路整備に向けての総会に出席 それから千葉の牛肉”ブランド化”に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は市内のイベントへ | トップページ | 県の重要な道路整備に向けての総会に出席 それから千葉の牛肉”ブランド化”に向けて »