« 環境審議会水環境部会の委員としての初仕事 | トップページ | 目標は「成田市からJリーグへ!」 »

2022年8月 2日 (火)

コロナウィルス対応についてヒアリング 夜は県立学校改革推進プランの「県民説明会」へ

こんばんは。

今日は自民党政務調査会の正副会長で県のコロナウィルス対策についてヒアリングを行いました。
急激な感染者の増加で担当部局、保健所共に対応に追われていますが、今日時点においての病床使用率や重症者数はこれまでと比較しても低く収まっている状況にあります。

現在の感染拡大基調について「そろそろピークを迎える」との予想も聞かれるようになってきていますが、引き続き警戒を続けなければなりません。
そんな中で臨時医療施設ですが、本日、稼働を一時休止していたがんセンター旧病棟の仁戸名臨時医療施設について再開することを決定し、明後日の8月4日(木)から患者の受入れを開始することを発表しました。

なお、県内の宿泊療養施設の状況ですが、昨日(8月1日)現在で、確保室数1,956部屋に対し828人が入室していて、稼働率は42.3%とのことです。

引き続きコロナウィルス対応については状況を常に把握し、必要な対応を求めて参りたいと思います。

夕方はお通夜に参列。
その後は成田市国際文化会館で開催された「県立学校改革推進プラン・第1次実施プログラム(案)」の県民説明会に参加しました。

主には学校関係者が多く、一部で地元の高校の同窓会の方々が参加されていました。
説明に対する質疑を聞いて感じたことは、教育委員会と現場の先生方との間の議論がほとんどで、「県民説明会」という趣旨とは違った雰囲気であったこと。
既に終了した他の会場での質疑内容は把握していませんが、県立学校の今後についてを決定する重要なプロセスを踏んでいるだけに、広く”
県民”の意見を聞ける説明会にして欲しいと感じたところです。

なお、この「県民説明会」は明日以降も行われます。
日程と各会場は下記のホームページに記載されていますので、ご参考にしていただければ幸いです。

「県立高校改革推進プラン・第1次実施プログラム(案)」に係る県民説明会について

千葉県議会議員 小池正昭

|

« 環境審議会水環境部会の委員としての初仕事 | トップページ | 目標は「成田市からJリーグへ!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 環境審議会水環境部会の委員としての初仕事 | トップページ | 目標は「成田市からJリーグへ!」 »