« 旧統一教会とのかかわりについて | トップページ | 3年ぶりの「ゆうあいピックソフトボール選手権大会」 »

2022年9月 8日 (木)

「ウィズ コロナ」・「アフター コロナ」を見据えて

こんばんは。

今日は1日県庁での活動となりました。

先ずは10時から農業会議の打ち合わせに始まり、自民党会派の議会運営に関する打ち合わせ、11時からは議会運営委員会。
そしてお昼は佐野議長との昼食会。

午後からは飲酒運転根絶条例の改正に向けてのプロジェクトチーム検討会、そして一般質問について関係各課との調整、気が付くと17時30分となっていました。
9月議会へ向けての準備で慌ただしい1日でしたが、与えられた責任を果たすように全力で務めてまいります。

さて昨日、水際対策が緩和されました。
外国人旅行者の入国者数が1日あたり2万人から5万人に拡大し、観光などで訪れる人々の増大に期待が高まってきています。
成田国際空港の国際線ロビーも着実に人々の動きが出てきています。

現状は”まだまだ”という感が正直なところですが、世界に比べて厳しいとされてきた入国時の検疫についてもワクチン3回目接種済みであれば出国前72時間以内の検査証明が免除されるなど、徐々に緩和が進んできています。

成田空港を抱える千葉県としては、海外との人々の往来が今後活発化することを願うものであり、「ウィズコロナ」そして「アフターコロナ」を見据えた対応にも重点をおいて行く必要があります。

9月議会の一般質問では、成田空港について、成田空港の鉄道アクセスについて、北千葉道路について、ICTを活用した道路管理について、不登校児童生徒への支援と県立高校改革推進プランについて、食肉センターの再編についてを取り上げることとしていますが、これらに加えて「ウィズコロナ」・「アフターコロナ」を見据えた新しい国際戦略の策定の必要性についても質問する方向で調整を始めました。

千葉県は、平成29年に「千葉県国際戦略」を策定しましたが、計画期間は4年間、2020年までとなっていたため計画時代が終了しています。
策定当初は、オリンピック・パラリンピックを見据えて計画期間も設定しましたが、コロナ禍によって環境が一変し目標として打ち立てた「世界の活力を取り込んだ県経済・文化の活性化」は実現できませんでした。

現実には未だ世界的視野においての戦略的施策を展開するタイミングとしては難しいとも理解しつつも、世界各地の交流が再び活発化しはじめ、またウクライナ情勢など大きな変化が続いている中で、日本の玄関口である成田空港を有する千葉県としての次の国際戦略の検討を開始し今後の動向に備える必要があると考えています。

議会開会が迫ってくる中で一般質問の内容の検討に時間を割きながら、貴重な質問の機会ととらえて私自身の考えの一端を明確に示して参りたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

|

« 旧統一教会とのかかわりについて | トップページ | 3年ぶりの「ゆうあいピックソフトボール選手権大会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧統一教会とのかかわりについて | トップページ | 3年ぶりの「ゆうあいピックソフトボール選手権大会」 »