« 今日は代表質問 | トップページ | 松戸市の小学1年女児が行方不明 早期発見を祈ります »

2022年9月23日 (金)

水際対策の緩和を歓迎しつつも、成田空港を支える人材の確保と育成が課題

こんばんは。

今日は秋分の日。そしてお彼岸の中日。
午前中にお墓参りに行ってきました。

お盆が終わってから掃除にも行ってなかったため、今日は少し念入りにお墓掃除。
するとご近所の方々とも久しぶりにお会いして会話する機会ともなりました。
また、今日は菩提寺の住職が読経に来ていただいた際にもタイミングよく対応することが出来ました。

新型コロナウィルス感染症が幾分落ち着きを見せている中で、皆さん共に今後の経済対策などに関心が多くあったようです。
その他には、岸田内閣の支持率が低下していることも多くご意見がありました。
国政の範疇については直接的にお答えできる立場にはありませんが、政治情勢に対して多く関心を寄せていただいていると実感したところです。

さて、台風15号が気になります。
中心付近の気圧を見ると勢力は強くないものの、北側から東側にかけて活発な雨雲があるため東海と関東での警戒が必要で、すでに東海地方では猛烈な雨が降り、交通機関に大きな影響が出ている模様です。
ニュースによると新幹線が立ち往生しているとの報道もありました。

関東地方では明日にかけて警戒が必要となりますが、せっかくの2週連続の3連休が台風の影響を受けてしまいました。
観光地では期待を裏切られた結果となってしまいましたが、ニューヨーク滞在中の岸田総理からは、新型コロナウイルスの水際対策で1日の入国者数の上限を撤廃するとの表明がありました。
また個人旅行についても解禁して、これまで問題となっていたビザの取得についても短期の滞在であれば免除する方針とのことで、10月11日から実施される見込みです。

これにより他のG7諸国並みの対応になり、人々の往来が活発化してくることが期待されます。
特に成田空港を抱える千葉県として、また成田市としては大いに歓迎すべき決定です。

ただし、コロナ化が長引いたために空港内従業者の相当数が離職している現実があり、今後は空港の様々なサービスを提供する人材の問題が浮上してくると予想しています。
また、長期的視点においても成田空港が発着容量50万回化を目指す上での大きな課題が人材の確保です。

今回の私の一般質問でも取り上げますが、先ずは当面の人材の”確保”、そして将来の空港を支える人材の”育成”という視点を重視して周辺の地域づくりを進める必要がありますので、県当局に対して私の思いをぶつけていきたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

|

« 今日は代表質問 | トップページ | 松戸市の小学1年女児が行方不明 早期発見を祈ります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は代表質問 | トップページ | 松戸市の小学1年女児が行方不明 早期発見を祈ります »